買いか? 待ちか? MacBookの選び方

新製品の16インチモデル。※写真はすべて著者撮影

 非常に魅力的なデザインのMacBook。さらに、最強の16インチモデルが登場し、MacBook Air、MacBook Proの13、16インチというラインナップとなった。ラインナップ自体は変わらないが、15インチが16インチに変わったわけだ。

 この3モデルは、デザインがとても似ているので、どれを買おうか迷ってしまう人も多いだろう。今回は、初心者でもわかりやすいように、選択のポイントを紹介していく。

16インチモデルが魅力的だ
16インチモデルが魅力的だ

MacBook Airは買いたくない

 手ごろな価格のMacBook Airだが、空気のように軽いことを示しているのであろう「Air(エアー)」という名称ほどは軽くない。重量は1.25キロで、Windowsの13インチ軽量モバイルノートと比べると、500グラム以上重いのだ。

 最大のライバルが、MacBook Pro 13インチモデルで、重量差は120グラムしかない。底面サイズはまったく同じで、MacBook Airのほうがやや薄いのが違いだ。

 Airが搭載するCPUは、Yプロセッサーと呼ばれるもので、性能より省電力性を追求したタイプだ。その割には「12時間のワイヤレスインターネット」とさほど長時間駆動ではない。MacBook Pro 13インチモデルでも10時間駆動するし、性能は明らかに上だ。

 しかも、MacBook Airの上位モデルは、MacBook Pro 13インチの下位モデルと価格は同じ。つまり、どんな使い方をするとしても、買うならMacBook Pro 13インチがおすすめだ。MacBook Airは、もっと軽くならなければ魅力は薄いし、使い慣れると便利なTouch Barも付いていない。どうしてもゴールドが欲しい人以外は、MacBook Proをおすすめする。

右がMacBook Airで、左が新16インチモデル
右がMacBook Airで、左が新16インチモデル
13インチモデルのサイズも厚さ以外はAirと変わらない
13インチモデルのサイズも厚さ以外はAirと変わらない

16インチが素晴らしすぎて困る

 新しく登場したMacBook Pro 16インチは、とても素晴らしい製品だ。16インチと大画面で解像度の高い美しいディスプレイを採用しているが、狭額縁なので15インチの旧型とさほど変わらない大きさだ。

 Windowsのノートでもまだ搭載が少ない高性能なCore i9を搭載するモデルを用意し、メモリーは16GB、ストレージは512GBと1TBとなる。

 注目点は価格で、下位モデルは24万8800円からと、性能を考えればかなりお買い得だ。驚かされるのが、この高性能なマシンを持ち歩いて使えること。バッテリー駆動は「最大11時間のワイヤレスインターネット閲覧」としている。これは、大容量のバッテリーを内蔵した結果で、Windowsでもこんなノートはまず見られない。もちろん、約2キロと重いのだが、社内の会議などでは重宝する。

 さらに、キーボードが一新され、ストロークが0.55ミリから1ミリへと深くなった。浅すぎて打ちづらいMacBookのキーボードがずいぶん良くなり、キーの配列も打ちやすく変わった。

 この、16インチモデルは間違いなく買いだ。だが、予算を抑えたかったり、持ち歩きを考えて、13インチモデルを狙いたい人が、逆にちょっと買いづらくなってしまった。来春あたりに、同じキーボードや高性能で割安な13インチモデルやAirが登場するとしたら、今買うのは残念過ぎるからだ。

 なお、詳しい解説はこちらの動画でもご覧いただけます。

左の16インチモデルは狭額縁だ
左の16インチモデルは狭額縁だ
キーボードは左の16インチモデルが優れている
キーボードは左の16インチモデルが優れている