乱立しすぎの電子決済は達観するのが正解かも

ポイント還元などでお得な思いをしようとすると非常に面倒だ

 近くのローソンに、よくコーヒーを買いに行く。PayPayで支払いつつ、ポンタカードを提示すると、ポイントがたまったり、還元がある。だが、実はこれとて正解とは言えず、LINE Payの方がお得なタイミングがあるし、ポンタカードも種類によっては還元率が違ったりする。店員さんに「どの買い方が一番得なのでしょう?」と尋ねても、「さあ、わかりません」という予想通りの回答。もはや、あまりにも電子決済の種類が多すぎて、全貌を掴んでいる人はほとんどいないのが実情だろう。

 お得を極めようと思ったら、コンビニでは複数のカードやらスマホを出して決済をしなければならないケースも多く、レジの前にいる時間は確実に増えている。後ろに並んだ人は「たかだか数円のために長いなあ」と感じていることだろう。というより、そう思われていると考えてしまうこと自体がものすごくいやだ。

 運悪く残金が足りなかったりすると、チャージの手間が掛かりレジの前ではさらに時間を食う……。

 おサイフケータイが登場したときに、「現金で払うよりも早く便利な素晴らしい仕組みだ」という記事を書いた。だが、今やお得な電子決済を使おうと思ったら、その情報集めやらチャージなどで、現金より割りが悪いと思うのは僕だけではあるまい。時間を掛けて情報を集め、チャージしてお得になるのは数円というケースが少なくないのだ。

JRE POINTの仕様が意味不明だ

 JRが「Suica究極の新サービス」と銘打ったポイントサービス「JRE POINT」がスタートした。ところがだ、これはもう信じられないほど面倒で、Suicaに加えてJRE POINTに登録しなければポイントが付かない。1つの決済がポイントのために2重化されている仕組みは、僕が知る限り最も使いにくい。

 僕はモバイルSuicaを使っているが、残高や利用履歴はモバイルSuicaのサイトやアプリで確認し、ポイントはJRE POINTのサイトやアプリで調べることになるわけだ。

 登録には年齢制限こそないが、メールアドレスなどが必要で、万人が使えるとは言いがたい。特にお年寄りや子供(子供料金ではない年代しか使えないが)には荷が重いだろう。公平であるべき公共交通機関がこんなことで良いのだろうか?

JRE POINTのアプリでポイントを確認、利用するのは面倒だ。写真はすべて著者撮影一部番号が読めないように加工しています
JRE POINTのアプリでポイントを確認、利用するのは面倒だ。写真はすべて著者撮影一部番号が読めないように加工しています

Apple WatchのJRE POINTで悶絶する

 さらに意味不明なのが、JRE POINTにSuicaカードは5枚まで登録できるが、モバイルSuicaは1つしか登録ができないという仕組みだ。そもそも、Apple Watchを利用するには、モバイルSuicaのアカウントを2つ利用せざるを得ない。それぞれにチャージしなければならないのも理解不能だが、仕方ないので甘んじて受け入れてきた。僕の場合はAndroidスマートフォンも使っているので、3つのモバイルSuicaにチャージしているのだ。

 だが、JRE POINTが対応するのはこのうち1つだけだという。なんという理不尽さだろうか。システム上の都合は色々あるのだろうけれど、ユーザー本位でサービスを提供するならこういうことにはならないはずだ。ちなみに、JRにコメントを求めたが、取材は断られてしまった。

 こうなったら、面倒なことを考えずに、決め打ちした方がわかりやすくて時間も食わないと考えることにした。僕の場合は、店頭での買い物はApple Watchにも対応したPayPayに絞ることにした。複数を使うとやたらに面倒で、チャージも散らばる。多少お得ではないケースがあっても1つにした方が楽だ。もちろん、LINE Payなどでもいいと思う。

 ただし、PayPayでは電車に乗れないので、iPhoneのモバイルSuicaを使っている。荷物が多い時には楽なので、おそらく数円不利になるけれど、あきらめてApple Watchを利用する。時間や使い分けの面倒さを考えると、こんな割り切りが気分的には最良だろう。

PayPayはApple Watchにも対応した
PayPayはApple Watchにも対応した