Windowsユーザーが泣いてうらやむMacの新機能

macOSの新機能は、iPadをセカンドディスプレイにする。驚くほど快適だ。

 MacのOSがアップデートされ新機能が数多く追加されたのだが、その中のひとつ「Sidecar」は、あまりの素晴らしさに驚いた。と、同時にメイン環境がWindowsの僕としては、悔し涙するほどにうらやましく感じるのだった。

 新しく登場したのは「macOS Catalina」だ。対応機種なら無料でアップデートされる。Windowsのアップデートが小出しに行われるようになって久しいが、macOSはこれまで通り、ほぼ年に1度大きなアップデートが行われている。こちらのほうが新機能の告知には向いているだろう。

 新しく追加された機能の中で、僕が感心したのが「Sidecar」だ。そもそもオートバイの横に取りつける車の名前だが、これは例によって、ウィットの効いたネーミング。Macの横にiPadを並べてセカンドディスプレイとして使う機能だ。

使いやすさに脱帽

 驚異的なのが、その使い勝手の良さだ。対応するMacとiPadを並べたら、MacのAirPlayからiPadを選ぶだけだ。同じApple IDでサインインしている必要があったり、どちらもWi-FiとBluetoothがオンしている必要があるなど、一定の条件があるものの、とにかくシンプルで簡単だ。

 たったこれだけで、数秒後にはiPadがMacのワイヤレスセカンドディスプレイに早変わりするのには、心底感嘆した。

 これまでにも、そんな機能を提供しているアプリはあったし、中にはWindowsでも利用できるものも存在した。だが、反応がイマイチだったり、ケーブルで接続する必要があった。とにかく使うのが面倒だったのだ。

iPadをセカンドディスプレイにするのは簡単だ
iPadをセカンドディスプレイにするのは簡単だ

少人数のプレゼンにイチオシ

 Macの画面が広く使えるようになるのはいうまでもなく、作業環境が大きく改善される。僕がとにかく感激したのがプレゼンの際の使い勝手だ。2~3名の商談や会議では、相手の前にiPadを置き自分はMacを見てプレゼンが行える。これまでは、WindowsとiPadや、Windowsとモバイルディスプレイの組み合わせで、苦労して作業してきたのだが、Sidecarを使えば驚くほど簡単・確実に行えるのがうらやましすぎるのだ。※文中の写真は著者撮影

Mac版のPowerPointでのプレゼンにももちろん対応。相手にはワイヤレスで接続したiPadを見せればいいわけだ
Mac版のPowerPointでのプレゼンにももちろん対応。相手にはワイヤレスで接続したiPadを見せればいいわけだ