なぜiPhone 11 Proの写真が最も美しいと言えるのか

iPhone 11 Proシリーズはトリプルカメラを搭載する

 iPhone 11シリーズが発売された。値下げされたこともあり、おしなべて評価は高いようだが、カメラについては「二番煎じ感」が否めないと感じた方も多いだろう。確かに、トリプルカメラは、今さらだ。もはや、2万円台で買える格安スマホでさえ、3つのカメラを搭載しているのだ。

 ライバルモデルは4000万画素を超える高精細なカメラを搭載し、光学5倍、デジタル50倍ズームなどが目玉になっている。1200万画素で、2倍ズームや超広角を採用したiPhone 11 Proのカメラ機能に目新しさはない。新たに、ナイトモードを搭載し、暗いシーンでは自動で複数の写真を撮影して合成し、明るさや色を調整したり、ノイズを減らす機能も搭載するが、こちらも今さらである。

 ところが、僕はiPhone 11 Proの写真が最も美しいと、スペックを見ただけで考えている。その理由を紹介していこう。※画像はAppleのウェブサイトより。また、写真は著者撮影です。

スマホで写真を見るならディスプレイが重要

 各種スマホが発表されると、カメラ機能が盛んに評価されているが、写真を楽しむには、カメラの性能だけでなく、ディスプレイが非常に重要だ。写真をいくらきれいに撮ったところで、ディスプレイが美しくなければ、スマホ上ではきれいに見られない。

 パソコンに取り込んで比較すれば、純粋にカメラの性能が比較できるわけだが、一般的なユーザーは、スマホで撮ってスマホ上で写真を見ることがほとんどだ。

 iPhone XS、XS Maxは有機ELを採用し、625ニトという明るさが特徴だった。さまざまなスマホをレビューした際に、iPhone XS Maxと並べて比較してきたが、その差は大きく、頭一つ抜けていた。ところが、新登場のiPhone 11 Proシリーズは、さらに明るい800ニトの有機ELディスプレイを採用している。これは、素晴らしいスペックで、さらにHDRでは1200ニトまで明るくなる。

 ここまで明るいと、場面によってはまぶしくて見づらいかもしれない。だが、明るい屋外で写真や動画を撮影し、プレビューする際には800ニトの威力が実感できるだろう。色域の広さなども特徴とされており、iPhone XS Maxを上回っているのだから素晴らしい限りで、どのスマホよりも美しい写真を楽しめそうだ。まだ実機をチェックしていないのだが、iPhone XS Maxでさえ非常に明るかったので大いに期待している。

 なお、夏の直射日光下でのスマホの明るさ比較は、こちらの動画でも検証しているので、興味のある方はご覧いただきたい。

左はiPhone XS Maxで、右はGalaxy S10。前モデルでさえiPhoneのディスプレイは明るく美しいことがわかる
左はiPhone XS Maxで、右はGalaxy S10。前モデルでさえiPhoneのディスプレイは明るく美しいことがわかる