スマホやパソコンを0円でサクッときれいにする裏ワザ

スマホやパソコンを簡単な作業できれいにできます。画面もスッキリ!

 パソコンやタブレットの画面を人に見せるケースが増えている。仕事でもさまざまな情報を見せるために提示することが多い。また、スマホの画面を人に見せることも少なくないだろう。写真やブラウザーを見せたり、一緒に動画を見るケースもありそうだ。

 ところが、そんな時に画面が汚れていると興ざめだ。指紋でベタベタの画面を仕事に使うと、せっかくの良い提案でも嫌悪感を抱かれてしまう。

 ということで、今回はパソコンやタブレット、スマホを簡単で素早くきれいにする方法を紹介する。特別な費用が掛からないのが魅力だ。実はこれ、パソコンの修理をするプロも採用している安心な方法なのだ。

汚れている画面は気持ちが悪いもの
汚れている画面は気持ちが悪いもの

準備するのは布とスプレー

 まずは、道具の準備。画面だけでなく本体も拭き上げるために布を用意する。何でもよいのだが柔らかい布がおすすめで、硬い生地で繰り返し拭いていると塗装が削れることもありうる。ワイシャツやハンカチのような硬め生地はあまりおすすめしない。やわらかなタオルやガーゼなどがいいだろう。この布を2枚用意して欲しい。

 単に柔らかい布で画面を拭いても、実はなかなかきれいにならない。指紋や油が伸びるだけで、時間ばかり掛かってしまう。そこで、市販のクリーナーを使うわけだが、実はちょっと不安がある。各種のディスプレイにはさまざまなコーティングが施されているし、本体にも塗装がされている。専用クリーナーならまず問題ないのだが、使い込んで劣化したコーティングなどに利用するのはちょっと怖い。

 そこでプロが使っているのは、なんと水なのだ。水を100均などで売っているスプレーに入れれば準備完了だ。

用意するのは柔らかい布とスプレー
用意するのは柔らかい布とスプレー
スプレーの中身は普通の水でOK!
スプレーの中身は普通の水でOK!

2度拭きがコツ

 水は、本体にスプレーしては絶対にいけない。パソコンなどはスキマから内部に入ると故障にもつながる。布側に軽く2~3回吹き付ければ十分だ。水跡がパソコンに残るほど湿らせる必要はない。この少し湿った布で、画面や本体を軽くこするように拭く。

 この段階では、あまりきれいにならないのだが問題はない。パソコンの表面がほんのり湿った状態で、乾いた別の布で拭き上げるのだ。これだけで、驚くほど手間が掛からずにきれいになる。2度拭きは、車のガラス拭きでもよく使われるテクニックで同じことをするわけだ。

 パソコン、タブレット、スマホの画面は本体を安全にきれいにできるので、ぜひ試してほしい。筆者が試した限り問題は起こらなかったが、水の付けすぎや劣化している塗装は、拭くだけでもはがれる可能性があるので、くれぐれも自己責任で作業して欲しい。なお、文中の写真はすべて筆者の撮影です。

 また、こちらで実際に掃除している動画もご覧になれます。

慣れれば1分もかからずにきれいになる
慣れれば1分もかからずにきれいになる