Windows 10登場でパソコンが投げ売り?

Windows 10登場でパソコンの価格がどう変わるか(写真:アフロ)

いよいよ7月29日にWindows 10が登場する。Windows 7搭載以降のパソコンなら原則無料でアップグレードできるのだから太っ腹だ。それだけ、OSの競争も激化しているということだろう。ちなみに、AppleのMacOSは、ずいぶん前からアップグレードは無料だったし、アンドロイドやiOSも無料だ。

すでにPreview版のWindows 10をテストしているが、スタートメニューが復活するなどWindows 7が好きだったユーザーに取っては、Windows 8よりも使いやすいだろう。とてもよいOSだと思う。

今までのアップデートとの違いは、店頭に並ぶパソコンの状況だ。これまでは、新OSの登場と同時に新しいパソコンが登場してきた。ところが、今回は、7月29日の時点では、Windows 10を搭載したパソコンは登場しないか、したとしてもごく少数だと予想される。

普通の感覚だと、店頭に並ぶパソコンが古いモデルだと感じてしまうだろう。しかも、人気が高いとは言えなかったWindows 8を搭載した製品をこれから買おうとする人がどれだけいるだろうか? マイクロソフトによると、店頭でWindows 10へのアップグレードをサポートするサービスが実施されるようだが、時間は相当に掛かるだろうし、対応機種が限られるかもしれない。

普通の感覚だと、Windows 10の発売を待って買いたくなるはずだ。そこを見越して、もしかすると、店頭在庫のパソコンが一気に値下がりするかもしれない。Windows 8が登場したときには、いつまでも人気のあった「Windows 7パソコン」が良く売れていた。だが今度は、人気のない「Windows 8パソコン」が売れ続けるとは、普通に考えてあり得ないからだ。

画像

あえてWindows 8パソコンを買う手も

あくまでも店頭の価格次第だが、安くなっているようなら、あえてWindows 8パソコンを買うのも悪くないだろう。店頭でアップグレードしてもらうか、自分でアップグレードするのだ。ただし、この時には、Windows 10対応機種であることを確認したほうが安心だ。

特に気をつけたいのが、Windowsタブレットだ。拡張性が低く、ストレージの容量も限られるために、ちょっと使い込んだだけで容量不足でアップデートできない可能性がある。Windows 10のインストール時には、ストレージの空き容量が16GB必要なのだ。

また、この買い方で注意すべきは、工場出荷状態へ戻す作業をしたときだ。しばらく利用して調子が悪くなって、買った状態に戻したくなることがある。いわゆるリカバリや、工場出荷状態に戻す作業だ。この作業をすると、Windows 8に戻ってしまう。その上で、再び、Windows 10をインストールしなければならないだろう。

まだ、実際に製品を手に入れたわけではないので、一部は予想で書いているが、これまでのアップグレードを考慮するとこんな点がポイントになる。

A4ノートやデスクトップを買うなら、8月のお盆前に店頭をよくチェックしよう。消費の夏枯れもあって、Windows 8パソコンがたたき売りになっているなら絶好の買い時だ。あまり下がっていないなら、Windows 10モデルの登場を素直に待とう。

ざくっとわかる用語辞典とはより編集して転載