『成長の技法』第5回 | 「目に見えない資本」が自然に集まる「磁石」を持つ

田坂教授に聞く「知的プロフェッショナル 成長の技法」

「目に見えない資本」が自然に集まる「磁石」を持つ

――:この「知的プロフェッショナル 成長の技法」の連続インタビューにおいて、

田坂教授は、プロフェッショナルとして成長していくために、

「知識」ではなく「智恵」を掴むことの大切さを語り、

「経験」や「師匠」から「智恵」を掴む技法として、

「反省」や「私淑」の大切さを語られました。

では、知的プロフェッショナルの成長の技法として、

この「経験や師匠から智恵を掴む」という技法以外に、

どのような技法があるのでしょうか?

田坂:「経験や師匠から智恵を掴む」という技法も大切ですが、

もう一つ大切なのは、「世の中の智恵が自然に周りに集まってくる」という技法です。

――:「世の中の智恵が自然に周りに集まってくる技法」ですか…。

それは、どのような技法でしょうか?

田坂:「磁石を持つ」ことです。

「磁石」を持つと、自然に周りに世の中の「智恵」が集まってくるのです。

――:それは、どのような「磁石」でしょうか?

田坂:その「磁石」としては、「三つの磁石」がありますが、

その説明をする前に、「世の中の智恵」と呼ばれるものの性質を、

「知識資本」という観点から説明しておきましょう。

この性質を理解すると、

「世の中の智恵が自然に周りに集まってくる」

という言葉の意味が理解できるでしょう。

――:「知識資本」という観点ですか?

田坂:そうです。そもそも「知識」や「智恵」とは、

経済学的には「知識資本」(Knowledge Capital)と呼ばれるものですが、

この「知識資本」を身につけていくことが、

プロフェッショナルとしての成長の基本であることは、

改めて言うまでもないでしょう。

ただ、この「知識資本」には、「メタ資本」と呼ばれるものがあるのです。

「メタ資本」とは、「より上位の資本」という意味です。

――:具体的には?

田坂:例えば、「知識資本」の「メタ資本」は、

「関係資本」(Relation Capital)と呼ばれるものです。

分かりやすく言えば、自分自身が必要な「知識」や「智恵」を持っていなくとも、

その「知識」や「智恵」を持っている人との「良い関係」があれば、

その「知識」や「智恵」を活用することができるわけです。

すなわち、「智恵を貸してもらう」ことができるわけです。

――:なるほど、「関係」があれば、他人の「知識」や「智恵」を活用しやすくなる。

それが、「関係資本」が「知識資本」の「メタ資本」であるという意味ですね?

田坂:そうです。従って、プロフェッショナルは、

自分自身が豊かな「知識資本」を身につけていなければなりませんが、

この「関係資本」も、豊かに持っていなければならないのです。

これは、いわゆる「人脈」や「人的ネットワーク」と呼ばれるものですが、

プロフェッショナルをめざすためには、

自分がどのような知識や智恵を持っているか

という「知識資本」の棚卸しをするだけでなく、

どのような知識や智恵を持っている人々との人脈や人的ネットワークを持っているか

という「関係資本」の棚卸しもする必要があるのです。

――:「知識資本」だけでなく、「関係資本」の棚卸しですね?

田坂:しかし、さらに、この「関係資本」にも、「メタ資本」があります。

それは、「信頼資本」(Trust Capital)と呼ばれるものです。

この「信頼」とは、「関係」のメタ資本です。

なぜなら、ある人物に、他人や社会から見た「信頼」があると、

「関係」が生まれやすくなるからです。

実際、我々は、初めての人物と会うときには、

「この人物は、信頼できる人物だろうか?」と考えて、

「関係」を結ぶか否かを決めています。

――:そうですね。

たしかに、我々は、「信頼感」のある人物とは、関係を結んでもよいと考えますね。

そして、「信頼感」を持てないと、あまり深い関係を持たないようにしますね。

田坂:そうです。

従って、他人から信頼感を持ってもらえる人物や、社会的信用がある人物は、

人との関係を築きやすいと言う意味で、「信頼資本」を持っていると言えるわけです。

――:従って、プロフェッショナルは、

その「信頼資本」も身につけていかなければならないのですね?

田坂:その通りです。

そして、この「信頼資本」にも、さらに上位の「メタ資本」があります。

それは、「評判資本」(Brand Capital)と呼ばれるものです。

すなわち、社会的に高い「評価」を受けている人物や、

周囲の「評判」の良い人物は、

「信頼」を得やすいという意味で、「評判資本」を持っているわけです。

実際、我々は、初めて誰かと会うとき、

「お噂は、かねがね伺っています」や

「ご高名は、かねて耳にしております」といった言葉を使うことがありますが、

社会的評価や世間的評判の高い人物には、比較的安心して信頼を置くことができます。

――:なるほど。

それが「評判資本」が「信頼資本」のメタ資本であるという意味ですね。

たしかに「ブランド」という言葉には、

本来、「信頼」という意味が含まれていますね。

従って、プロフェッショナルとして成長していくためには、

この「評判資本」も身につけていく必要があるわけですね?

田坂:そうです。プロフェッショナルとして成長していくためには、

以上述べた、「知識資本」「関係資本」「信頼資本」「評判資本」などの

「目に見えない資本」(Invisible Capital)を、

自分の周りに集めていくことが必要なのです。

――:「目に見えない資本」ですか?

田坂:これまでの「金融資本主義」全盛の時代においては、

「資本」というと

「金融資本」(Money Capital)のことであると思われてきましたが、

これからの「知識資本主義」の時代においては、

「知識資本」と呼ばれるものこそが、重要な「資本」になっていきます。

そして、この「知識資本」とは、「知識」や「智恵」だけでなく、

「関係」「信頼」「評判」といった「メタ資本」をも含めたものであり、

これらはいずれも、貨幣によって定量的に評価できない

「目に見えない資本」なのです。

――:では、どのようにすれば、我々は、

その「知識資本」「関係資本」「信頼資本」「評判資本」などの

「目に見えない資本」を、自分の周りに集めていくことができるのでしょうか?

田坂:それが、最初に申し上げた、「三つの磁石」です。

その三つの磁石を身につけるならば、

この「目に見えない資本」は、自然に周りに集まってきます。

――:では、第一の磁石は?

田坂:「智恵」です。

すなわち、プロフェッショナルとして一つの分野の「智恵」を身につけると、

自然に様々な分野の「智恵」が周りに集まってきます。

なぜなら、「智恵」は、「智恵」を呼ぶからです。

――:なぜ、「智恵」は「智恵」を呼ぶのでしょうか?

田坂:それは、この言葉に象徴されています。

「智恵を貸してくれ」

すなわち、世の中では、通常、

「智恵をくれ」や「智恵を売ってくれ」とは言いません。

なぜなら、「智恵」を借りたら、

いつか「返す」ということが前提になっているからです。

例えば、営業の田中マネジャーが企画の鈴木マネジャーに

「ちょっと企画の智恵を貸してくれ」というときは、

暗黙に、「いつか営業の智恵で良かったら返すから」ということを言っているのです。

すなわち、「智恵」というものは、「等価交換」されるのです。

――:「等価交換」ですか…?

田坂:そうです。

つまり、他人からある分野での「智恵」を借りられる人というのは、

自分の分野での「智恵」を返すことができる人なのです。

ところが、この「等価交換」の原則を理解していない人が多い。

例えば、名刺交換会などで多くの識者と精力的に名刺交換をして回り、

「また、色々とお智恵をお借りできれば」と言って回る人がいますが、

「自分がどのような智恵を返せるか」を棚に上げて、

こうした「人脈づくり」をいくら行っても、

自分の周りに「智恵」が集まってくることはないでしょう。

逆に、自分自身が、一人のプロフェッショナルとして、

誰かに貸してあげることのできる豊かな智恵を持っているならば、

黙っていても、その周りに、他のプロフェッショナルの智恵が集まってくるのです。

すなわち、プロフェッショナルとして、

一つの分野での「智恵」を身につければつけるほど、

他の様々な分野の「智恵」が集まってくる。

それゆえ、「智恵」が「智恵」を惹き寄せる磁石となるのです。

――:なるほど。では、第二の磁石とは?

田坂:「人間力」です。

言葉を換えれば、

温かい人柄や、潔い人格、深みある人間性などの「人間的魅力」と言っても良い。

それがあれば、自然に、周りに「目に見えない資本」が集まってきます。

例えば、「温かい人柄」の人物は、周りに多くの人々との「関係」が生まれてくる。

「潔い人格」の人物は、周りからの「信頼」を得ていく。

「深みある人間性」の人物は、世の中での良き「評判」が広がっていくでしょう。

このように、「人間力」もまた、

「関係資本」「信頼資本」「評判資本」といった

「目に見えない資本」が集まってくる「磁石」なのです。

――:それが、前回、「仕事を通じて己を磨く」ことの大切さを語られた、

一つの理由でもあるのですね…

では、第三の磁石とは?

田坂:「志」です。

「志」を持っていると、

やはり、この「目に見えない資本」が、自然に周りに集まってきます。

「志」とは、

「世の中を、少しでも良い世の中に変えていきたい」という思いのことです。

――:なぜ、「志」を持つと、「目に見えない資本」が集まってくるのでしょうか?

田坂:世の中には、「同志」という言葉がありますが、

「志」を持つと、その「志」に共鳴・共感して支えてくれる人々が現れるからです。

その人々は、「志」を実現するために、

自然に「知識」や「智恵」を提供し、「関係」を広げてくれるのです。

また、「志」を抱いた人物には、

多くの人々が「信頼」を寄せ、世の中で良き「評判」が広がっていきます。

――:なるほど。それゆえ、「志」もまた、

「目に見えない資本」が集まってくる「磁石」なのですね。

田坂:そうです。

ただし、この「志」と似て非なる言葉がありますので、

その違いを、我々は深く理解しておくべきでしょう。

それは、「野心」という言葉です。

――:その「野心」と「志」とは、何が違うのでしょうか?

田坂:この二つの言葉の違いを、端的に述べましょう。

「野心」とは、

己一代で何かを成し遂げようとの願望。

「志」とは、

己一代では成し遂げ得ぬほどの素晴らしき何かを、次の世代に託する祈り。

この二つの言葉の違いを理解して頂ければと思います。

なぜなら、もし我々が、「志」と称して、実は、この「野心」を抱いている場合には、

周りに集まる人々は、それが一人の人間の「エゴの蠢き」であることを感じ取り、

離れていくからです。

しかし、我々が、自分自身の小さなエゴを超え、

真に「志」と呼ぶべきものを抱いて歩むならば、

その道には、不思議なほど、多くの人々が集まってくれます。

そして、その道の周りには、自然に

「知識」や「智恵」、「関係」や「信頼」、「評判」といった

「目に見えない資本」が集まってくるのです。

――:なるほど、すなわち、「智恵」と「人間力」と「志」。

その「三つの磁石」を身につけていくことが、

プロフェッショナルとして成長していくための、大切な技法でもあるのですね。

田坂:そうです。

そして、それは「技法」であるとともに、

我々が生涯を通じて歩むべき「道」でもあるのです。

次回、最終回は、

その「道」を歩むときの「大切な心得」について語りたいと思います。

テーマは、

仕事において起こったトラブルの「意味」を考える

です。

なお、2014年5月に上梓した新著、

『知性を磨く 「スーパージェネラリスト」の時代』では、

二十一世紀に求められる人材とは、

今回お話した「人間力」と「志」を含めた

「七つのレベルの知性」を垂直統合した人間像であることを語りました。

興味のある方は、お読みください。

http://www.amazon.co.jp/dp/4334038018/