Apple #WWDC20 は、追いつけないスタンダード化した発表会

WWDC20に出演するAppleクレイグ・フェデリギ氏

AppleのWWDC20は、MacのApple自社製チップへの移行が最も大きなニュースとなりましたが、そもそも、例年6月第1月曜日から1週間の日程で、米国カリフォルニア州サンノゼで開催してきたイベントを、完全オンライン開催する点もまた、話題となっていました。

そして、WWDC20の基調講演が公開された米国太平洋夏時間6月22日午前10時、日本時間では6月23日午前2時でしたが、およそ2時間のプログラムが展開され、個人的には非常に驚き、また疲労感もより大きかったのです。

その理由は、作り込まれた映像に引き込まれつつも、きっちり編集してあるため、場面転換などが極めて短く、結果的に情報量が普段よりもより大きくなっていたことが理由だと思いました。

ビデオはYouTubeでも視聴することができます。公開時点で、既に発表内容ごとにチャプタ分けがなされており、その点も視聴しやすく工夫されていました。

----

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2020年6月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事1本)

2020年6月号の有料記事一覧
  • Apple #WWDC20 は、追いつけないスタンダード化した発表会

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。