知識の泉とインターネットの攻防について

インターネットは、知識のあり方、その獲得の仕方をいかにアップデートしてきたのか?(写真:アフロ)

私は大学院時代、ブログの研究をしていました。テクノロジーとメディア、教育に興味を持っていましたが、特に個人がどのように振る舞うのか?その変化について大きな関心を寄せていました。その文脈において、インターネットの情報検索は一時期、黄金期を迎えるかに見えました。

今回は、米国にある新しい「知識」にまつわるサービスについて、考えます。

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2020年4月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事3本)

2020年4月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ