Disney+は本当にストリーミング競争を破壊する存在か?

https://preview.disneyplus.com/jp

Disney+は11月12日にスタートした、ディズニーが手がけるストリーミングサービスです。初日で1000万件の登録ユーザーを獲得し、1年で6000~9000万件登録者数を獲得することになるでしょう。現在は米国、カナダ、オランダ、オーストラリア、ニュージーランドで視聴でき、2020年3月までに英国、ドイツ、イタリア、フランス、スペインの5カ国が追加されます。日本でも2021年には登場するとみられています。

日本におけるDisney+の導入パターンは、英国のそれに近いのではないか、と推測できます。英国では2015年からDisneyLifeというストリーミングサービスを、テストマーケットとして展開しており、英国法人はこのサービスをDisney+とリブランディングして展開するとしています。日本にはディズニーデラックスという先行サービスが既に存在しており、NTTドコモと提携してギガホなどのデータプランを契約しているユーザーは1年間無料で利用できるとのことです。Disney+導入まで、ディズニーデラックスを無償で利用できることになるのではないでしょうか。

巨大な「空母」のようなストリーミングサービスを、どう捉えれば良いのでしょうか?

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2019年11月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事1本)

2019年11月号の有料記事一覧
  • Disney+は本当にストリーミング競争を破壊する存在か?

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。