【9月のテック】iPhone 11とApple Watch Series 5の読み解き方

iPhone 11を核とした2019年のスマホ戦略と革新の変質とは?

Appleは9月10日にiPhone 11シリーズ、Apple Watch Series 5を発表し、9月20日に発売しました。

今回目を引くのはApple Watch Series 5で、新しいケース素材であるチタンモデルの登場や真っ白なセラミックモデルの復活、そして常時点灯ディスプレイの採用などの新しい対応が光ります。こうした真新しいモデルを中心に、深刻な品薄状態が作り出されています。

一方iPhone 11シリーズは、モデル全体のリブランディング、すなわちこれまで廉価版として用意されていたiPhone XRの光景となる液晶モデルのiPhone 11を基本のモデルとし、昨年より更に50ドル価格を引き下げました。一方で2017年のiPhone X以降、ハイエンドモデルとして君臨してきた有機ELモデル群をiPhone 11「Pro」という上級モデルと位置づけ直しています。

このあたりの戦略性も含めて、どのように読み解いていけば良いのか、ふりかえります。

----

  1. リブランディングのゴール

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2019年9月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事1本)

2019年9月号の有料記事一覧
  • 【9月のテック】iPhone 11とApple Watch Series 5の読み解き方

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ