#7月のテック: 各国の「リブラ」包囲網にみる恐怖と理想

「Messengerの顔」だったデビッド・マーカス氏はリブラについて議会で証言。(写真:ロイター/アフロ)

リブラは、2019年6月にFacebookが発表した新しい仮想通貨。これを巡って、米国では議会で公聴会も開かれるほど、理解や警戒が入り乱れて一気に物事が動いている状況、といっても良いでしょう。

「リブラが社会的な地位や信用を築くとは考えにくい」

こうツイートしたのは米国のドナルド・トランプ大統領。他の仮想通貨も好きではないとした上で、ドラッグや違法行為に用いられる点を指摘しました。

トランプ大統領の本音は、3つの連続ツイートの最後に綴ったことでしょう。「米国唯一のリアルな通貨である安心と信頼の米ドル」、言い換えれば世界唯一の覇権通貨である米ドルの存在を脅かす可能性があるリブラを自由にはさせない、という警戒感をあらわにしたわけです。裏を返せば、リブラがそれだけの力を持つ、と評価された結果と言えます。

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2019年7月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事2本)

2019年7月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ