#今月のテック 2019年3月:Appleのサービス特化イベントで見える「4つの狙い所」(前編)

Appleのサービスに特化したイベントを開催(写真は以下、筆者撮影)

Appleは2019年3月25日に、米国カリフォルニア州クパティーノにある本社Apple Park内にあるSteve Jobs Theaterで、「It’s Show Time」と名付けたイベントを開催しました。このイベントでは、次のような発表が行われました。

米国において、月額9.99ドルで300以上の雑誌や新聞が読み放題になるサブスクリプションサービス「Apple News+」
米国において、月額9.99ドルで300以上の雑誌や新聞が読み放題になるサブスクリプションサービス「Apple News+」
iPhoneだけで発行や使用を完結できるGoldman Sachsと協業するクレジットカード「Apple Card」
iPhoneだけで発行や使用を完結できるGoldman Sachsと協業するクレジットカード「Apple Card」
100以上の高い品質のゲームが遊び放題になるサブスクリプションサービス「Apple Arcade」
100以上の高い品質のゲームが遊び放題になるサブスクリプションサービス「Apple Arcade」
新たにケーブルチャンネルやApple独自の映像サービスが視聴できるようになるアプリ「Apple TVアプリ」
新たにケーブルチャンネルやApple独自の映像サービスが視聴できるようになるアプリ「Apple TVアプリ」
著名クリエイターがメッセージ性の強い番組を制作する映像サブスクリプションサービス「Apple TV+」
著名クリエイターがメッセージ性の強い番組を制作する映像サブスクリプションサービス「Apple TV+」

Apple News+は米国ですぐに、Apple TVアプリは2019年5月のアップデート、Apple Cardが2019年夏、それ以外のサブスクリプションサービスは2019年秋の開始がアナウンスされました。

今回のイベントでのAppleの狙いについて、4つのポイントで解説します。

アプリをサービスで拡張し『体験にする」

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2019年3月サンプル記事

松村太郎

価格

540(記事2本)

2019年3月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ