#今月のテック 11月: Apple 2018年第4四半期決算と、スマホ時代の終わりの始まり

10/30のニューヨークイベントで壇上に立つTim Cook CEO(筆者撮影)

11月をふりかえってみると、Appleをはじめとするテクノロジー株が2018年の上昇分を帳消しにする下落となりました。230ドルを超えていたAppleの株価は、170ドル近辺まで落ち込み、米国企業でトップの時価総額を、一時Microsoftに明け渡す場面もみられました。

そのきっかけとなったのが、11月1日のApple 2018年第4四半期決算ということになります。

ちなみに株価が下がって困るのは直近ではApple株を持っている人だけで、私を含むユーザーが今すぐなんらかの影響を被ることはありません。もっとも、その「Apple株を持っている人」にはApple社員も含まれるため、彼らがどう動くのかということは、その後の製品や開発に関係してくるかもしれません。

いつものグラフで、Appleの決算と電話会議をふりかえりつつ、何がそんな反応を作り出しているのかを見ていきましょう。

※Appleに関する他のストーリーは、#アップルノートで。

----

日本でiPhone XSが好調だった

Appleの売上高の推移(筆者作成)
Appleの売上高の推移(筆者作成)

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2018年11月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事2本)

2018年11月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ