#今月のテック 9月:10月26日発売のiPhone XR

iPhone XRはモデル全体の半数を超えるとも予測される(写真は筆者撮影)

iPhone XSについては、既に発売され、実機のレビューもいくつも読む事ができます。しかし未発売のiPhone XRについては、まだタッチアンドトライレベルでしか触れる事ができませんでした。

しかし、iPhone XSと多くを共有しているため、「どのような製品になるのか」という点がもう少し明らかになってきています。そこでiPhone XRについて、10月26日の発売を前に、期待される機能や価値について考えていきましょう。

どんなiPhone?

iPhone XR(テン・アール)は、2018年モデルのiPhoneとして9月12日のスペシャルイベントで発表されました。最大の特徴は、カラフルな6色展開と749ドルからという価格です。

まずは、その6色を見ていきましょう。

iPhone XR:ブラック(左)とホワイト(右)
iPhone XR:ブラック(左)とホワイト(右)

iPhone X、iPhone XSにも用意されている最もベーシックな色はシルバーとスペースグレーでした。iPhone XRではそれぞれ、ホワイトとブラックという色の名前で登場します。

個人的な感想として、ステンレスのiPhone X、iPhone XSを見てしまった後ということもあり、ホワイトの背面とアルミのフレームは、若干質感に劣るように見えてしまいます。それ以外のカラーではそうした印象がなかったのですが…。

iPhone XR:ブルー。
iPhone XR:ブルー。

ブルー。欧州の自動車会社はラインアップの中のスポーツモデル(Audi RSやBMW Mなど)に、こうした落ち着きつつも鮮やかな、ちょうど良いトーンのブルーを設定していますね。

iPhone XR:イエロー
iPhone XR:イエロー

イエロー。割としっかりとした、原色のイエローです。アルミニウムのフレームは、背面に合わせて色が付けられており、きちんとトーンも含めてマッチングしているため、フレームが浮いてしまったり、目立たなくなったりすることはありません。

iPhone XR:コーラル
iPhone XR:コーラル

コーラル。ピンクがやや入ったオレンジ、あるいはサーモンっぽい色にも見えます。最初はちょっと難しい色なのかな、と思いましたが、割と明るいところ、暗いところで表情を変え、楽しめる色になりそうです。

ちなみに、背面に1つ用意されているカメラには出っ張りがありますが、そのフレーム部分もボディカラーに合わせて染められています。

iPhone XR:(PRODUCT)RED
iPhone XR:(PRODUCT)RED

(PRODUCT)RED。これまでは9月発売の新モデルから半年が経過した4月頃にSpecial Editionとして発売されてきましたが、今回は10月26日の発売日から選択することができます。赤いiPhoneファンにとってはうれしい設定です。

iPhone XRもiPhone XS同様、背面には「iPhone」としか書かれていませんが、赤モデルだけ(PRODUCT)REDの文字が刻まれています。

※続きは以下の見出しがあります。

・「低価格化3つの要素」

・「シングルカメラでポートレート」

・「iPhoneのバッテリーキング」

・「XS、XRどちらを選ぶ」

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2018年9月サンプル記事

松村太郎

価格

540(記事3本)

2018年9月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ