今月のテック: 2018年第2四半期決算の結果は?

Facebookをはじめとしたテック企業の株価は先週、大幅な減速(写真:ロイター/アフロ)

2018年7月末は、テクノロジー企業から2018年第2四半期決算(4~6月期)が出されました。Appleは日本時間8月1日未明の発表となりますので、それ以外の、Facebook、Amazon、Netflix、Google(Alphabet)、Twitterの決算についてまとめておきます。

これらの企業では、売上高の面では、好調さをキープしていますが、GoogleはEUからの5700億円もの巨額制裁金、FacebookはEUでの一般データ規則(GDPR)発行によるユーザー行動の停滞、Netflixはユーザー数の目標未達、Twitterは「健全な会話」のためのユーザーアカウント停止と、先行きへの不安材料が出されました。

そのため、7月26日の米国株式市場では、テクノロジー企業などの株価が大きく下落し、各社の時価総額が大きく減少しました。

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2018年7月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事2本)

2018年7月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。