今月のテック:次世代「5G」に向けて合併に乗り出すT-Mobile

5Gを見据え、T-Mobile主導での米国3位、4位のキャリアの合併が進む。(写真:ロイター/アフロ)

トランプ大統領の政策は明確です。米国企業を強くし、米国人の雇用を増やすことに対する有効打を打ち続けていく。残りの任期もそうした明確なロジックを前提にすれば、読み解きやすくなってくるでしょう。

その文脈に載って、再チャレンジしているのが、米国第3位と4位の携帯電話ネットワーク、T-MobileとSprintの合併です。

Sprintは日本のソフトバンクの傘下であることが知られていますが、T-Mobileとの合併では、主導権をT-Mobileに渡してでも実現を引き寄せた格好になります。存続会社はT-Mobileとなり、再建に手こずっていたSprintを引き取ってもらう、と見ることもできます。

そんな新生T-Mobileは、合併の正当性をアピールすべく、第5世代移動体通信への移行を見据え、「世界の5Gのリーダーシップを米国に再び」というキャッチフレーズを持ち出ししました。いかにも、トランプ政権が好きそうなフレーズです。

https://newtmobile.com/sparking-the-5g-economy/

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2018年6月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事4本)

2018年6月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ