IGTV: Instagramが用意した縦長動画の新アプリというチャレンジ

Instagramの「IGTV」は新カルチャーとなるか?(筆者がキャプチャ作成)

Instagramは米国時間6月20日に、月間アクティブユーザー数10億人を突破したことを発表しました。その上で、新たな展開として、本体のInstagramアプリとは別に、「IGTV」をリリースしました。すでにiPhone向けApp Store、Android向けGoogle Playでダウンロードできます。

・プレスリリース

クリエイターは、IGTVアプリから「チャンネル」を作成し、ここにビデオを投稿していくことになります。Instagramのストーリーズのようにライブ中継は対応しておらず、編集された作品を投稿するような位置づけといえます。

投稿されたコンテンツは、Instagramのこれまでのアプリからも視聴可能です。また、現在Instagramでフォローしているユーザーが、IGTVでもフォロー中となり、IGTVをダウンロードしなくても、クリエイターはビデオを見てもらえるようになります。

特徴は、縦長であること、再生がすぐに始まること、そしてInstagramのつながりやタグなどによる発見性の延長に、ビデオコンテンツを配置していくことでしょう。

このIGTVには、Instagramにとって、2つのチャレンジが存在します。

Instagramにとって、新たな役割を持つユーザーが増える

YouTubeには、YouTuberといわれるクリエイターが積極的に、高品質のビデオを投稿しています。Instagramも、そうしたクリエイターが活躍する場を用意したい、と考えているようです。しかし現状IGTVには広告がなく、今後動画投稿者の収益化のプランが用意されるのではないでしょうか。

これまでFacebookもInstagramも、広告主と閲覧者、というシンプルな関係性しかありませんでした。広告主はお金を払う、閲覧者は無料でSNSを利用する中で、広告を目にする仕組みでした。しかしIGTVがYouTubeのように広告費用を投稿者に分配することになれば、プラットホームの中で新たな役割を持つ人たちが増えることになります。

YouTubeのようなコミュニティとカルチャーを、いかに急速に成立させるか、がInstagramにとって1つ目のチャレンジと言えます。

IGTVアプリは縦長で長い時間のビデオを投稿できる。クリエイターからどのような活用が提案されるか?(App Storeより)
IGTVアプリは縦長で長い時間のビデオを投稿できる。クリエイターからどのような活用が提案されるか?(App Storeより)

もう1つのチャレンジは、動画の向き

もう1つのチャレンジは、縦長動画というフォーマットです。もちろん上下を大幅に切ればこれまでの横長あるいは正方形の動画を投稿することもできますが、IGTVで画面いっぱいに利用するには縦長の動画を制作しなければなりません。

我々がスマートフォンで写真やビデオを撮るとき、あるいはInstagramに24時間で写真やビデオが消える仕組みのストーリーズを投稿するとき、たいてい縦長での撮影になります。

その一方で、プロのクリエイターのコンテンツは横長。YouTubeやNetflixを観る時のように、スマートフォンの場合は端末の向きを簡単に変えるだけなので、横長でもそんなに困る経験はないでしょう。ただ、長い動画を見ていると、左右にカメラを動かす「パン」が多かったり、拡がりを楽しむようなカットが作れなかったりと、もどかしい場面にも出くわします。

プロが縦長の動画を制作する際、その機材やコンテンツの見せ方を探求する部分、そして我々が縦長の動画の善し悪しを決める感覚を持つ点が、コンテンツの様式の面でのチャレンジになるのではないでしょうか。

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ