ハードウェアに注力するGoogleの新スマホのヒミツ

iPhone Xの発売に先駆けて発表されたGoogleのPixel 2・同XL(写真:ロイター/アフロ)

Googleは10月4日に、「Made by Google」イベントを開催しました。

Googleはこれまで、スマートフォン向けOSのAndroidや、廉価版ラップトップで用いられるChrome OSを開発し、Google Playストアでアプリ販売手数料を売上、また企業向けにはGmailやGoogleカレンダー、Googleドキュメントなどのクラウドサービスを統合するG Suiteを販売するビジネスモデルを敷いてきました。

AndroidやChrome OSを搭載するデバイスの大半は、SamsungやLenovo、Huaweiなどのアジアを中心としたデバイスメーカーによって製造され、Androidについては世界で85%以上のシェアを獲得してきました。

そんな戦略だったGoogleは9月、台湾のデバイス製造メーカーHTCのスマートフォン部門を11億ドルで買収した。HTCはいわば「老舗スマホメーカー」。SamsungやLGなどの韓国勢との戦いに破れ、中国メーカーからも大きく遅れを取り、厳しい状況に立たされていた企業でした。

Googleは結果的に、自社ソフトウェアを動作させる最も中心的なハードウェアも、自社で開発、製造することになりました。このことは、デバイスの活用シーンを作り出すアプリレイヤーを開発者に委ねているApple以上の垂直統合モデルを構築したことを意味します。

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2017年10月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事2本)

2017年10月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。