新型iPhone発表イベントの会場となるThe Steve Jobs Theater

2016年3月、Apple Parkを紹介するTim Cook CEO※筆者撮影

Appleは9月12日に、カリフォルニア州クパティーノに建設中のApple Park内にある「The Steve Jobs Theater」でスペシャルイベントを開催する、と報道関係者に通知しました。その会場となるシアターに関して、最新のドローンビデオで参照することができます。

以前のドローンビデオと比較すると、円形の建物の周囲には白いフロアが完成しており、木製と見られるベンチもいくつか見つけることができます。また、屋外、屋内には、イベントの準備でしょうか、人々の姿も見ることができます。

また、このビデオよりも以前に撮影されたドローン映像では、1階部分の左右に建物の円形に沿った階段や、透明の筒型のエレベーターのような設備を見つけることもできます。

Steve Jobs Theaterは1000人収容といわれており、Appleが開催する最大規模のイベントとなる世界開発者会議 WWDCの基調講演(5000人以上収容)の開催は難しいですが、世界中のメディアを集めて行う新製品発表のスペシャルイベントの開催や、社内のイベントなどには対応する事ができる、と考えられます。

Twitterでは、Steve Jobs Theaterの内部構造と見られる画像を見つけることができます。

イベント当日、私は自家用車でApple Parkに向かい、どのようにSteve Jobs Theaterに誘導されるのか分かりません。ただ、これまでのイベントの流れからすると、おそらくイベント開催時間までは、ロビー部分もしくは屋外までコーヒーなどが振る舞われ、その後、円形のエントランスから地階に降りて、メインホールまで誘導され、イベントが終わると、こんどは円形ロビーの地階部分でタッチアンドトライが実施されることになる、と考えています。

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ