AppleのiPhone発表イベント、米国時間9月12日午前10時から

「Let’s meet at our place.」が招待状に添えられた。

Appleは米国時間8月31日午前に、メディア向けにスペシャルイベントの招待状を発送しました。招待状には例年、アレンジされたAppleのロゴと、イベントを象徴するフレーズ、そして日時と場所が書かれているシンプルなものです。

今回の招待状は、リンゴマークの中に青い背景に白いiPhoneのように丸められた角を持つ板、そしてオレンジからピンクに色が混ざるその影のようなものが描かれています。

そしてキャッチフレーズは「Let’s meet at our place.」

発表日時は米国太平洋時間2017年9月12日午前10時からで、開催場所はThe Steve Jobs Theaterとなりました。招待状には、「クパティーノにあるThe Steve Jobs Theaterで初めてのイベント」と説明されています。

なお、Appleのウェブサイトでは「Live」の文字で紹介されており、これまでのようにウェブサイトやアプリなどでイベントの模様を中継で楽しむ事ができそうです。

Apple Special Event: September 2017

https://www.apple.com/apple-events/september-2017/

目次

- Apple Parkのお披露目も兼ねて

- 期待される新製品

- イベントを評価する3つの軸

----

Apple Parkのお披露目も兼ねて

ここ数年の招待状のフレーズを見ていくと、

- 2014年9月「Wish we could say more.」

- 2015年9月「Hey Siri, give us a hint.」

- 2016年9月「See you on the 7th.」

- 2017年9月「Let’s meet at our place.」

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2017年9月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事4本)

2017年9月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ