Facebook開発者会議F8で整理されたAR活用とプラットホーム化

基調講演に立つFacebookマーク・ザッカーバーグCEO(筆者撮影)

Facebookは、シリコンバレー南部の都市サンノゼで、4月18日からの2日間、開発者会議F8を開催しました。

Facebookは2016年に、10年の成長計画を示し、プラットホーム整備、アプリケーション整備、技術発展のロードマップを整理しています。2017年も同じスライドを使い、Instagramのエコシステムへの格上げこそありましたが、Facebookに大きな方針に変更がないことが確認されました。

しかし、2016年にFacebookアカウントを持っている人同士でメッセージがやりとりできるFacebook Messengerをプラットホーム化して、企業がビジネスに活用しやすい環境を整えました。今年は人工知能「M」を導入し、より活発なコミュニケーションを自動的に展開できるような仕組み作りに取り組みました。

また今年のF8では、Snapchatを露骨に意識した取り組みが散見されました。

例えばInstagramやMessengerには、24時間でコンテンツが消えるSnapchatの機能「ストーリー」をそのまま採用していましたし、「新しいカメラ機能」を標榜するSnap Inc.を意識した「カメラによるARプラットホーム」戦略を打ち出すなど、勢いのある上場仕立ての新興勢力をいかに押さえ込むか、という本気の取り組みがありました。

そうした中で、個人的に最も示唆に富んだスライドが、拡張現実、ARに関する活用の分類でした。今回は、マーク・ザッカーバーグCEOが披露したこのAR活用の分類について、考えていきましょう。

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2017年4月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事4本)

2017年4月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。