Appleがリリースした簡単ビデオ編集アプリ Clips を早速試す

Appleは、3月21日のiPad発表時にアナウンスしていたカジュアルなビデオ編集アプリ「Clips」の配信をスタートしました。日本のApp Storeでも、無料でダウンロードできます。

iPhone 5s以降のiPhoneシリーズの他、iPad Air以降・iPad mini 2以降のiPadシリーズ、第6世代iPod touchをサポートしており、これらのデバイスでiOS 10.3以降にアップデートしている必要があります。

http://appsto.re/jp/Jufsib.i

録画ボタンを押している間記録される、シンプルな操作方法だ。
録画ボタンを押している間記録される、シンプルな操作方法だ。

Clipsは、録画ボタンを押している間だけ記録される方式で、複数のビデオクリップを撮りためて1本のビデオを作り上げる、という使い方をします。そのため、カメラアプリで撮りためたビデオを後からiMovieなどで編集しなくても、複数のシーンをテンポ良く切り替えていくビデオを取ることができます。

基本的な使い方は、以上です。とてもシンプル。ただこれはSnapchatやInstagramなどのアプリで作れるストーリーのようなビデオを作ったことがある人ならば、取っつきやすいのではないか、と思います。

ビデオ録画中には、エフェクトをかけたり、文字や絵文字、図形を乗せたり、字幕を付けたりすることができます。字幕を付ける方法は画期的です。字幕モードにして録画するときに喋るだけで、日本語もきちんと文字になります。普段iPhoneで音声入力やSiriを使っている人であれば、上手に認識させることができるのではないでしょうか。

こちらは、早速作ってみたサンプルビデオです。

ビデオのワークフローが変わっている

私は普段ビデオを撮影するとき、ほとんどiPhoneのカメラを使っています。しかしその方法は長回しをすると言うよりは、数秒から15秒程度のビデオクリップを撮りためて、あとからiMovieや、GoProに買収されたQuicでつなぐ、という方法を採っています。

編集作業が入ると、やはりシェアするまでの時間がかかりますし、ちょっとしたこだわりに時間が吸い取られていったりすることも多々あります。その点で、ビデオ編集は「インスタント」ではなかったのです。

ClipsやSnapchat、Instagramなどのビデオはそうではありません。インスタントな状態を実現したビデオ編集と言えます。どちらかというと、ライブ感を保って撮りためていけばできあがり、という感覚。とにかくスピーディーです。

一応Clipsでは一連のビデオを並び替えたり、取り直すこともできるので、気にくわなければできるまでやり直すこともできます。ただ、取ったまま使えるビデオクリップが採れるようになっていく、一種の『訓練」が行われていくような感覚もあります。

ビデオのワークフローやそのシェアは、どんどんライブになっていく。ライブに関しては既にFacebookが強く取り組んでいる領域です。Clipsは、ビデオ録画と編集のフローと、ライブ放送の間に位置するアプリ、と捕らえることができます。

多分、日本のユーザーは不満に感じる

さてClipsの米国での初期レビューでは、操作方法が難解、という感想も散見されます。ただ、私自身はそうは思いませんでした。

シンプルにクリップを紡いでいく限りでは、何の迷いもないでしょうし、何かエフェクトをかけようと思っても、上のメニューからそれを選んで録画するだけですから。

しかし問題点があるとすれば、ビデオのエフェクトの数の少なさ、そして映像に載せることができる文字や図形のバリエーションの少なさです。これでは、デコレーションを満足に行うことができず、楽しい、シェアしたくなるビデオが作れるかどうか疑問です。

少なくとも、今の3倍以上のエフェクトや図形を収録しておく必要があります。あるいは、これはやりそうな気がしますが、iMessageのステッカーを読み込めるようにするとか。普段気に入っているステッカーを使ったビデオが作れるようになるため、デコ要素の少なさという問題点を改善できるのではないでしょうか。

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。