iPhone10周年記念 :スティーブ・ジョブズ氏が初代iPhoneを発表した基調講演

初代iPhone、iPod、そして日本の折りたたみケータイ、筆者撮影

2007年1月9日、今から10年前に、サンフランシスコで開催されたMacworldの基調講演において、当時AppleのCEOだったスティーブ・ジョブズ氏が発表したのがiPhoneでした。冒頭の写真は、まだ日本で購入できなかったiPhone、そしてiPod(ビデオと写真が再生可能だった)、そして日本の折りたたみ式ケータイです。

スマートフォンとフィーチャーフォンの違いはありますが、今振り返っても、日本のケータイは当時のiPhoneと比べて、性能、できることは7~8年進んでいたように思います。というのも、今振り返ると、Instagram(写メール)、Apple Pay/Android Pay(おサイフケータイ)、Emoji(絵文字)と、今のスマホでやっていることの多くは、形は違えど、既に過去に日本で我々が経験していたことでした。

その点で、日本とiPhoneには、特にユーザー体験の面で、特別な関係性がある、と考えています。その視点で、スマートフォンの未来の体験を、我々の過去の経験から考える、というのは良い方法ではないか、と思いました。

さて。

この仕事を始めてまだ2年目の私は、「モバイル」と「ライフスタイル」というテーマ、そして「ケータイ」と「Mac」というキーとなる製品にフォーカスが落ち着いてきたタイミングでした。

そんな私にとって、2007年1月のステージを日本から見守っていて、興奮を覚えました。私が注目することにした2つのテーマが、1つにまとまってしまったからです。ただ、その事実で興奮したのは基調講演が終わってしばらくたってからでした。それくらい、発表に引き込まれていたからです。

iPhoneを披露するスティーブ・ジョブズ氏(Apple提供)
iPhoneを披露するスティーブ・ジョブズ氏(Apple提供)

基調講演でiPhoneについての話題を話す際、まず「3つの革新的な製品を披露する」と切り出します。1つ目はワイドスクリーンでタッチコントロールに対応したiPod(オレンジ)、2つ目は革新的な電話(緑)、全く新しいインターネットコミュニケーションデバイス(青)と、3つの色のアイコンを見せます。

ちなみに、拍手はiPodと電話のアイコンを見せたときに最も大きく、3つ目のインターネットコミュニケーションデバイスのときはあまり反応がありませんでした。**現在のiPhoneを考えると、iPodよりも電話よりも、3つ目の要素が一番重要になっているにもかかわらず、です**。

この3つのアイコンをくるくると回しながら切り替えていきます。それを繰り返す。会場は何が起きるか気づいて、盛り上がってきます。ジョブズ氏も「もうおわかりですね」と一言。「3つの分かれたデバイスではないのです」

実は、ここでジョブズ氏のプレゼンスライドで、「もうおわかりですね」のタイミングが2回目の電話のアイコンのところで発せられる、ということが計算されていたことが分かります。次のスライドで「iPhone」という名前を発表しているからです。2周目の電話のアイコンまでで聴衆は気づく、と踏んでいたことになるわけで。

ちなみに、iPhoneの名前を発表してから、初代iPodのホイール部分がダイヤル式の電話になっているジョークの画像を披露し、実際の画像はさらに3分後までおあずけ。「革新的なユーザーインターフェイス」というテーマで、フルキーボードを搭載する既存のスマートフォンとの比較を行うなかで、デバイスのデザインをスクリーンに映し出しました。

ということで、10年前の映像を振り返ってみましょう。

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    『コロナ化』する今日この頃…『コロナ禍』ってどう読めばよい?『コロナ禍』とは?神田敏晶5/1(金) 8:49
  2. 2
    新型コロナ感染症:「気温と湿度」は感染拡大にどう影響するか石田雅彦5/29(金) 8:00
  3. 3
    「カフェイン」を気化させて吸い込むとどうなるか〜喫煙と違法薬物への「登竜門」石田雅彦2019/12/5(木) 8:00
  4. 4
    インドとパキスタンで「50.0℃」、コロナで気温上昇の可能性も森さやか5/27(水) 16:56
  5. 5
    中国の大気汚染「劇的な改善」がもう終了 早くも例年レベルに戻る竹村俊彦5/26(火) 17:41
  6. 6
    新型コロナ感染症:産業医に聞いた「解除後」に事業者が気をつけたい「5つの注意点」石田雅彦5/26(火) 10:20
  7. 7
    「Zoom疲れ」はなぜ起きるのか―増えるオンライン会議との付き合い方と疲れを解消する3つの対処法高橋暁子5/28(木) 11:02
  8. 8
    YouTuberで食べていくには,最低1万人以上の登録ユーザーが必要だ!しかし、本当に重要なのは…神田敏晶2019/6/21(金) 14:32
  9. 9
    新型コロナウイルス「最適な消毒薬は?」「安全な使い方は」「入手困難どうすれば?」薬剤師に聞きました市川衛2/23(日) 11:41
  10. 10
    新型コロナ感染症:ウイルスはどれくらい長く物質上にいるのか〜残存率低下の条件とは石田雅彦4/14(火) 9:00