都市と問題解決のダイナミズム: 自動運転車をサンフランシスコで運行し始めたUberと、その後

サンフランシスコ市内で運行停止となったUberの自動運転車(提供: Uber)

カリフォルニア州サンフランシスコは、現在、シリコンバレーとともにモバイルビジネスの中心地になっています。

短文SNSで日本でも人気のあるTwitter、スマホやタブレットをレジに変えるSquare、民泊マッチングサービスAirBnB、レストラン予約サービスOpenTableなど、日本にも入ってきている企業がたくさん本拠地を置いています。

そんな中でも、もはや代表格となったサービスがUberです。ライドシェアリングサービスに分類され、モバイルアプリでドライバーと移動したい人をマッチングさせ、ドライバーに手間賃を払う、という仕組みは全米中に広まり、日本にも上陸しています。

UberやAirBnBは、都市の中にある遊休資産や、リセッションで失業者が思いきり増えた環境を活用して、それを結びつけて価値を生み出す「シェア経済」の代表格です。

そんなUberは、自動運転機能を備えた高級SUV、Volvo XC90を活用したサービスをサンフランシスコにも導入しました。ところが、カリフォルニア州陸運局(DMV)から適切な認可を取るようにとの命令を受け、運行停止を余儀なくされています。

今回はUberについて、そして自動運転車によるサービスで起きようとしていることについて、考えていきましょう。

以下、目次です。

  • 完全に米国生活のマインドセットに入ったUber
  • Uberが東京では活躍できない理由
  • Uberの本質は、シェア経済から変化しつつある
  • 自動運転車の運行開始、しかし地元で軋轢も
  • 再び、問題解決のプロセスに入る

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2016年12月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事3本)

2016年12月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。