9月24日の9時頃にUberをリクエストすると、Artyのシークレットイベントに連れて行ってくれる

サンフランシスコのUberユーザーに向けた、今晩開催のイベントの招待状

Uberの「人の移動」をハッキングするアイディアは、まだまだ可能性がありそうです。Uberのアイス屋は東京でも開催されましたが、今晩、Uberをサンフランシスコでリクエストすると、DJイベントに連れて行ってくれるそうです。

この週末のビッグイベントを控えてサンフランシスコを訪れているロシアのDJ、Arty。彼のトラックはApple Musicでも配信されていますので、興味がある方はこちらから(Apple Musicへジャンプ)。

そんなArtyのシークレットパーティーをUberがホストするそうですが、そのイベントへの抽選を、Uberアプリで行うというのです。100人のUberユーザーが招待され、1人の同伴がOK、とのこと。おそらく、早い者勝ちになるはずです。

午後9時に、サンフランシスコ周辺都市のUberアプリにArtyのパーティー行きのリクエストが登場し、午後10時の開始時間に開場に届けてくれるそうです。場所は「ドライバーが知っているから」と、明かされていません。

確かに、どこに連れて行かれるのか、ちょっと怖いのですが、そこは日頃Uberを利用しているユーザーが寄せる信頼性を試す意味でも、どれだけの人が応募するのか気になるところです。

Uberは、サンフランシスコでは、いろいろな軋轢を生みながらも、公共交通機関や駐車場の確保などを気にしがちな移動をすっきり解決してくれる「交通手段」として利用されています。

もともと移動は手段のはずですが、その移動手段の解決によって可能にする面白いイベント開催の手法だな、と思いました。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額324円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ