先行レビュー:写真とビデオで見るiPhone 6s・iPhone 6s Plus

9月25日に発売となるiPhone 6s/6s Plusを、写真とビデオで。

Appleは9月25日、新型iPhone 6s、iPhone 6s Plusを発売します。これに先立ち、2週間弱の試用を行ってきました。写真とビデオを中心に、世界で最も売れるであろう最新スマホを紹介します。

画像

iPhone 6s(手前)とiPhone 6s Plus(奥)の箱。iPhone 6では真っ白でエンボス加工が施されたシンプルなデザインでしたが、今回は色ごとに異なる、ライブ壁紙が表示されたiPhoneが描かれています。

画像

iPhone 6s、ゴールド。

画像

iPhone 6s Plus、スペースグレー。

画像
画像

iPhone 6(左)とiPhone 6s(右)。外装の変更点は、厚みが6.9mmから7.1mmに増したこと、重さが14g増えたことです。よく見ると、カメラの構造が変わっているのも分かります。

画像
画像

iPhone 6 Plus(左)とiPhone 6s Plus(左)。こちらも厚みが7.1mmから7.3mmに、重さが20g増えました。今回もiPhone 6s Plusのカメラには光学手ぶれ補正が内蔵されていますが、静止画だけでなく動画撮影時にも機能するよう変更されました。4Kビデオ撮影に興味がある人は、iPhone 6s Plusを選ぶ方が良いでしょう。

画像

外側のiSightカメラには、新たに1200万画素のセンサーを搭載し、4K動画撮影とLive Photosをサポートしました。

Live Photosの撮影と、写真アプリでの閲覧。1200万画素の静止画と、シャッター前1.5秒と、シャッター後1.5秒の、合計3秒が記録されます。閲覧時には3D Touchの押し込む動作をしている最中、再生できます。

画像

iSightカメラでは、4Kビデオの撮影をサポートしました。iPhone 6s Plusでは、光学手ぶれ補正の効果を最大限に利用できます。

画像

第3世代の64ビットプロセッサ「A9」は、4Kビデオを編集できる充分な性能を備えています。

iPhone 6s Plusを使って撮影した4Kビデオを、iMovieで編集し、YouTubeにアップロードしたものです。手ぶれ補正の効き具合なども確認できます。

画像

内側のFaceTime HDカメラは、500万画素センサーに刷新されました。

画像

FaceTime HDカメラ用には、画面全体を光らせてフラッシュ代わりにする「Retina Flash」が、新たに搭載されています。背面のLEDフラッシュのように、自然な色味を再現するため、被写体に応じてその都度、フラッシュの色を白から黄色まで変化させて光ります。

画像

第2世代の指紋センサー「Touch ID」内蔵のホームボタン。ちょっと触れるだけで指紋認証が完了するほどの高速化がされました。例えば画面が消灯している状態で、ボタンを押して直ぐ離しても指紋認証が完了するほどの速さです。

Touch IDによるロック解除のデモ。

画像

圧力を感知する3D Touchを、タッチパネルディスプレイに採用しました。例えばホーム画面でアプリアイコンを押し込むと、クイックアクセスメニューが表示され、アプリ内の機能に直接ショートカットできます。

3D Touchのデモ。

画像

3D Touchを活用して、画面を押す力でアニメーションが動作するライブ壁紙にも対応しました。

ハードウェアのキャッチアップ以上の、体験の進化を遂げた

筆者はiPhone 6 Plusを1年間使用してきました。そのため、主な比較はiPhone 6s Plusを中心に行っていますが、驚いたことは、あらゆる動作が高速化している点です。A9プロセッサの高速化は、前作に搭載していたA8に比べて処理性能で70%、グラフィックス性能で90%向上しているとしていますが、4Kビデオ編集などのピークパワーではない部分での高速化が、より印象的でした。

アプリを切り替え、指紋認証、3D Touchの利用は、実際の利用の中で、体験できるほどの秒数短縮を実現してくれます。また4Kビデオの編集がスムーズに行えた点は、目の前で原稿を書いている、2012年モデルのMacBook Proが、HDビデオの編集に値を上げそうになっている様子と比較して、ショックを受けました。

プロセッサのスピードやメモリの容量、カメラの画素数などは、Androidスマートフォンにきちんと追いついた、といえます。これに加え、実生活の中での体験を進化させる機能を用意している点は、Appleらしさといえるでしょう。

画像

発売は9月25日から。今回は新色のローズゴールドも追加され、選択肢の幅も拡がっています。ちなみに、iPhone 6s Plusの電池の持ちは、相当期待して良いと思います。例えば、充電器なしで出張に出かけても、iOS 9の低電力モードを利用すれば、1泊2日ならば余裕で過ごせるほどです。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額324円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ