9月9日のAppleイベント、米メディアでの噂まとめ

iPhone、Apple TV、iPad Proなど、新製品が目白押しとなりそう

米国西海岸夏時間の2015年9月9日10時から、サンフランシスコ市内で開催が予定されているAppleのプレスイベントがいよいよ迫ってきました。期待される予測について、まとめておきます。

各論に入る前に、筆者の昨今のAppleに対する見方としては、「Appleとしてのクオリティやスタンダードを大切にしながら、1歩ずつ前に進んでいく」と言うことです。何らかの先行する製品で採用されたマテリアルやカラーを含むデザイン、インターフェイス、テクノロジーを活用して、Appleの品質と体験を広めていくと考えています。

具体的には、Apple Watchに採用された軽量・強固なアルミニウム素材、ゴールド素材、Ion-Xガラス、サファイアガラス、感圧タッチパネル、TapTic Engine、モーションウォールペーパー、64ビットプロセッサ、Siri+Spotlight検索などが挙げられます。

それを踏まえて、登場が予測されている製品について、個人的なメモを含めて、まとめておきます。

iPhone 6s / iPhone 6s Plus:セカンドモデルは今回も、新たなインターフェイスを追加する

まずはイベントの中心になるiPhoneのアップデート。今年はセカンドモデルということで、デザインは変わらずとなることが予測されています。しかし、Apple Watchで採用された、強くて軽い7000シリーズのアルミニウムを採用し、またローズゴールドなる新色が登場する、と予測されています。

カメラはリアのiSightカメラに1200万画素4K対応へと進化し、セルフィ用のFaceTimeカメラは500万画素をサポートしてフルHD動画とパノラマセルフィをサポートすると見られています。これらについても、競合の製品と比べれば、順当なキャッチアップ、と位置づけることができるはずです。

その他、プロセッサはA9へと進化しメモリが2GBに増強され、ディスプレイはApple Watchに採用された感圧タッチパネルへと変更、通信チップも効率化されるとみられています。

Apple TV:3年ぶりのアップデートへの期待

Apple TVは、2500万台以上を出荷し、ネットストリーミングデバイスとしてはトップシェアですが、直近の販売では業界4位に低迷しています。これを打破すべく、登場させるのが今回のApple TV。内部の刷新としては、A8プロセッサの搭載や802.11acによる高速Wi-Fiのサポート、ストレージの増加などが見込まれています。

体験としては、iPhone向けのiOS 9でも強調している検索の強化、Siriのサポートによって、見たいコンテンツを見つけやすい仕組みが期待されます。また、ゲームアプリのサポートも期待です。

個人的には、任天堂の古いゲームが、ガンガンApple TV/iOSに移植されると良いな、と思ったりしているのですが…。

iPad Pro + iPad mini 4:大画面タブレット参入は成功するか

iPad Proの噂はいよいよ現実のものになりそうです。Microsoftのハイエンドすぎるタブレット、Surface Proの好調ぶりを見ると、Appleを含むタブレット市場の低迷の打開策になり得る、という考えも納得がいくというもの。

今、目の前にあるマシンは12インチMacBookですが、これよりもわずかに大きなサイズの画面を持つiPadというわけですから、なかなかの大迫力になりそうです。iPad Proは、iOS 9を搭載する大画面タブレットとして11月に登場するとみられており、iPad Air 2がiOS 9で実現する画面分割や子画面ビデオ再生などの機能をサポートしたデバイスになりそうです。

新しいiPad Proにも、iPhoneで搭載されるであろう感圧タッチパネルが備わり、Bluetoothスタイラスと組み合わせた操作を提供するとみられています。AppleはiPhoneを登場させる際、スタイラスを全否定していましたが、前述のSurfaceやSamsung GALAXY NoteシリーズのSペンの快適さは、Appleの考えを変えさせるには十分魅力的だったのかもしれません。

また、Apple InsiderではiPad向けのキーボードの登場も示唆しており、完全にSurfaceをターゲットにするセットができあがりそうです。ただ、SurfaceはWindows「パソコン」ですが、iOSを採用している限り、iPad Proは「タブレット」の域を出ないわけで、この点が成否の分かれ目になるかも知れません。

7.8インチのiPad miniも刷新されると予測されていますが、iPad Air 2の新モデルは今回は見送りの模様。

個人的には、感圧タッチとペンをサポートする9.7インチのiPad Air 3のようなデバイスが出るなら、それを待ちたいと思いますが…。

Apple Watch:これからが本番、watchOS 2リリースと新バンド登場か

Apple Watchについては、単独でのアプリ動作や通信をサポートするwatchOS 2が登場し、「一皮むける」「本領発揮」という言葉がちょうど良い展開になります。これは予測ではなく、すでにWWDC15でアナウンスされている通りで、Appleのウェブサイトでも紹介されています。

また、バンドを交換しての楽しみ方を拡げるという点で、新しい色の交換バンドも予測されています。加えて、新色も登場するのではないか、と見られています。例えば、iPhoneで登場が見込まれるアルミニウムのローズゴールドがApple Watch Sportに登場したら、かなり魅力的ではないでしょうか。

予測や噂ということで、今が一番楽しいタイミングかも知れません。Appleの株価は中国初の世界的な株安で、130ドル超えの高値から、一時100ドルを切る水準まで押し戻されました。今回の発表をきっかけにして、年末までに再び上昇が見込めるのではないか、という見方もあります。

9月9日(日本時間9月10日未明)、会場からTweetしたいと思います。お楽しみに。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額324円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ