Evernoteが低価格プラン『プラス』発表、 #クラウドワークスペース 競争激化の1年に

Evernote本社のショップ。ワークスタイル提案を多角的に行っている。

ちょうど機能、110MBのPDFをEvernoteに保存しようとして、100MBの容量制限に引っかかってしまって、デスクトップに放置していたところだったんです。

Evernoteがサービスラインアップを拡充し、月額240円(年額2000円)で1GBまで利用できる有料プラン『プラス』を新設しました。『プレミアム』はこれまで通り月額450円(年額4000円)ながら、月間の保存容量の制限がなくなり、また1つのノートあたりの容量も100MBから200MBへ拡大されました。

ページ数の多いPDFを保存する機会が割とある僕にとって、かなりありがたいアップデートとなりました。今までDropboxのフォルダに保存していたPDFを、Evernoteへ移行できます。

詳しくはEvernoteのブログを参照。

クラウドワークスペースは2015年の大きな注目になりそう

ちょうど今週は、Dropboxも、Evernoteのようにファイルに対してコメント機能をリリースしたところでした。Microsoftとの提携でオフィス文書のオンライン閲覧・編集などをサポートし、コンシューマー寄りからビジネスへ、その味付けを変えつつあります。

Evernoteは、特定の文書作成用アプリがなくても、テキストや画像、PDF、アノテーションなどで、日々の情報を管理することができる点で、より間口が広くライトな利用に対応します。ノートの共有という文脈からワークチャット機能を搭載し、

「情報」+「チャット」=「ワークプレイス」

という図式を現実的なツールで提案しています。

今年は、「クラウドワークプレイス」という言葉で、おなじみのクラウドアプリが新価を競う1年になりそうです。

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ