Apple Watchの試着は、時計談義をする15分間の体験だった

Apple Store等で試着が始まったApple Watch。

今朝からApple Store表参道で、Apple Watchの試着開始を取材しました。実際の試着体験も取材することができ、Apple Watchを4種類ほど装着してみました。42mm、意外と大きすぎず、良いサイズなんですよね。

驚くべき軽さのApple Watch Sport、ONにも対応しやすく、デジタルクラウンの質感をずっと眺めていたくなるApple Watch、そして簡単に調整できるメタルリンクブレスレット、フィット感が魅力のミラネーゼループ…。

試着するとたくさんのことが分かります。表参道はスロット数も多いので比較的短い待ち時間で体験できるのではないか、と思います。

Apple Watchを初めて腕に着けてみて、感触を確かめることができる、という勢いで試着に行く人も多いと思いますが、結果的には15分間、試着を通じてApple Watchについて店員さんと時計談義をする、という体験だったとふりかえることができます。

話ながら試着すると、商品についても深く理解することが出来、非常に深い体験と印象を与えることができるのではないか、と思います。特に、Apple Watch以上を購入したいと考えている潜在顧客にとっては、カッコイイCMを流されるよりも効果的でしょう。

もちろん、身近に体験できるApple Storeなどのスペースがなければいけませんが、テクノロジーの新しい体験的な接客として、一つのベンチマークになるかもしれません。個人的には、Apple Storeでの体験として、とても新鮮だった、という感想です。

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。