文具のヒーローPost-itをデジタル化するEvernote

EvernoteアプリでPost-itを撮影すると、きれいに取り込める

サンフランシスコで9月26日からの2日間開かれているEvernote Conference 2013で、いくつかの新しい展開が発表されています。アプリのアップデートは既に済ませていましたが、アプリとクラウドの会社の目玉のニュースは、アナログの「ヒーロー」との提携でした。

Evernoteは3MのPost-itと提携し、「Post-it Evernote Edition」を発売します。これには1ヶ月分のプレミアムアカウントのコードが同梱されます。それだけではなく、iOS 7のアプリでPost-itを撮影すると、Post-itを撮影した領域が切り取られてノートとして保存される仕組み。

Post-itとの提携を発表するPhil Libin CEO。
Post-itとの提携を発表するPhil Libin CEO。

しかも、Post-itのクラシックな黄色・緑・青・ピンクを認識して、読み取った際にどう分類するかという動作をあらかじめ決めておくことができます。例えば、黄色なら特定のノートに保存、ピンクはリマインダーに登録、といった具合。これまで通り位置情報と時間の情報が記録されます。もちろん手書き文字の認識も。

Evernoteの今回の発表でPhil Libin氏は「ペーパーレス化がゴールではない」と指摘していますが、Post-itは紙の文房具としては最大の発明品といっても良いでしょうが、これをデジタル化することで、「新しい意味や使い方を持たせることができる」(Libin氏)と指摘していました。

Evernoteパッケージには1ヶ月分のプレミアム会員クーポンが添付される。
Evernoteパッケージには1ヶ月分のプレミアム会員クーポンが添付される。

皆さんなら、どんな使い方を考えるでしょうか。

PCのディスプレイや机にベタベタと付箋を貼りながらタスク管理をしている人もすっきりデジタル化できるでしょう。iMacの画面の下の銀色の部分はPost-it用の領域だと信じていますし、1枚ずつなくなっていく快感もあるのですが。

あるいはこのサイズのメモをTwitterで流通させるというのもちょっと流行りそうな気がします。

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ