Google Reader終了まであと10日 - Feedly Cloudは決め手になるか

クラウド、ウェブサービス、モバイルに対応するFeedlyはスタンダードになるか。

Feedly Cloudの構成図。他のサービスとの連携の柔軟性は魅力になりそう。
Feedly Cloudの構成図。他のサービスとの連携の柔軟性は魅力になりそう。

 惜しまれつつも7月1日で終了するRSSリーダー、Google Reader。3月に発表されてから、様々な動きがありましたが、どうやら代替サービスの有力候補として、Feedlyが持って行きそうです。「Feedly Cloud」を発表し、Feedlyに集めたフィードを様々なウェブサービスに連携させることができるようにしました。

 早速、ウェブAPIのレシピを作れるIFTTT(イフト)や既存の人気のあるRSSリーダーアプリの開発者と連携していく「Normandy Project」についても言及しました。

 Google Readerを含めたニュース・リーディングのツールや情報の流れをFeedlyが再構築し、ユーザー、開発者、そしてゆくゆくはニュース配信者が参加するエコシステムを作っていこう、という方向性を見つけることができます。

 ある程度エコシステム作りに視線が向いているという点で、Google Readerよりも上手くやるんじゃないか、という期待を寄せることができるし、私もお気に入りのニュースリーダーアプリ「Reeder」をそのまま使い続けようと思っているため、何とか頑張って欲しいな、と思っている次第です。

 

ニュース読みはソーシャルへ

 Google Readerが終了しても、Googleはニュースに関する価値付けを行う仕組みを失うわけではありません。Google+の「+1ボタン」は、RSSというスタイルより最寄りシンプルにニュースをクリップでき、Google+アカウントと紐付くため「誰が」「どんなニュースを」+1したか、というデータをおおっぴらに収集できる、と言うわけです。

 ニュースのソーシャル化、というともはや古くさい言い方ですが、Googleの場合、Blog記事の筆者もGoogle+アカウントに紐づけられるようになっていますので、誰が何を書いたか、その人がどんなニュースに反応したか、という「人に紐付く知識グラフ」が出来上がっていきます。

 この視点で価値ある情報を作りつつあるのがLinkedIn。プロフェッショナル・ネットワークという前提を生かして、同じ分野のプロが読んでいるニュースを見つけることができるようにしています。

WWDC2013で発表された最新のSafariに搭載された共有リンクのフィード。
WWDC2013で発表された最新のSafariに搭載された共有リンクのフィード。

 Appleもニュースを読むことについて見逃していません。OS XやiOS 7で搭載される最新のSafariには「Shared Links」という機能が搭載され、TwitterやLinkedInでつながる友人が共有したリンクをブラウザの中で見つけることができる仕組みを搭載しました。Appleは自分でSNSをやらない代わりに、ソーシャル上の情報を上手く活用する取り組みを強めていると言えます。

 ただし、ソーシャルでニュースを読むには、自分にフィットするニュースをクリッピングしてくれる良いキュレーターをフォローしなければなりません。その点、はてなブックマークは簡単な定量調査ながら、日本のニュースリーディングのソーシャル化を早くから進めてきた、と言えるでしょう。

 

あと1週間の移行プラン- 自分のデータベース作りという視点

 どの様にニュースに出会うか、という視点は、自分のキュレーションとソーシャルを上手く組み合わせるというブレンドのバランスを新たに見つけていかなければなりませんが、FeedlyはGoogle Reader終了後も、少し時間的な余裕をもたらしてくれそうです。

 一方で、ソーシャルやシェア以前に、よりシンプルにニュースに出会うにはどうしたらよいか、また気になるニュースを、後で使える形でクリッピングするにはどうすれば良いか、という問題をまず考えなければなりません。

FeedlyからIFTTTを介してEvernoteに記事をクリップするレシピ。
FeedlyからIFTTTを介してEvernoteに記事をクリップするレシピ。

 幸いなことにFeedlyはIFTTTに対応したので、例えばFeedly上で「あとで読む」と設定した記事を自動的にEvernoteにクリップする、という使い方が可能になります。レシピを作りましたので、もしよろしければこちらからどうぞ。

 あるいはニュースとの出会いにソーシャル経由を求める際、Twitterが最もスピーディーでシンプルな手段になりますが、だったら既存のニュースサイトについてもTwitter経由でニュースを読むようにすれば良いじゃないか、と言うのも1つのアイディアになると思います。

 まだまだ増やしていきますが、ひとまず私が読んでいるニュースのTwitterアカウントをまとめたリストを作ってみました。https://twitter.com/taromatsumura/newssource

 またこれで、1週間ほど考えつつ、色々ブラッシュアップしていこうと思います。

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    『イソジン』などポビドンヨード含有うがい薬、フリマアプリでの転売に注意。医薬品のため違法篠原修司8/4(火) 18:18
  2. 2
    『ポビドンヨードによるうがいは新型コロナを改善させる』は本当か?医師が解説堀向健太8/4(火) 21:32
  3. 3
    記録的ハリケーン「イサイアス」米上陸、首都やNYに最接近へ森さやか8/4(火) 12:45
  4. 4
    カゼの予防には、うがい薬は「使わない」ほうが良いらしいって、知っていました?市川衛2017/1/23(月) 7:30
  5. 5
    米津玄師による日本人初のフォートナイトライブ挑戦が秘める可能性徳力基彦8/1(土) 7:00
  6. 6
    接客業で多くみられる「マウスシールド」その有効性は【#コロナとどう暮らす】石田雅彦7/14(火) 9:30
  7. 7
    YouTuberで食べていくには,最低1万人以上の登録ユーザーが必要だ!しかし、本当に重要なのは…神田敏晶2019/6/21(金) 14:32
  8. 8
    『iPhone 12』発売10月に遅れか。アップルが公式に認める。新型コロナの影響防げず?篠原修司7/31(金) 16:48
  9. 9
    学生が「ぞくぞくした!」驚きのオンライン授業とは -案外おもしろい!試行錯誤のオンライン授業-五十嵐悠紀8/3(月) 13:47
  10. 10
    米国のTikTok規制でMicrosoftに買収されたらどうなるのか?神田敏晶8/3(月) 13:57