AppStore.comでアプリに直接アクセス - アプリのネーミングで気をつけるべき5点

 米国で視聴率50%を越え、1億人以上が視聴したというNFLのSuper Bowl。AppleがMacintoshを発表したり、数々の名作コマーシャルが披露される場でもあります。ここで密かにデビューしたのが、AppleのApp Storeの短縮URL。

 「Star Trek Into Darkness」という映画のアプリへのリンクとして、「AppStore.com/StarTrecApp」が画面に表示され、このURLをモバイルやパソコンからブラウザで入力すると、App Storeの該当アプリのページが開く仕組みになっています。

 このURLスキームは、スペースなし、通常のアルファベットのみ、記号なしというルール。また、アプリ名のところに開発者名を入れて、その会社者のアプリ一覧を開くことができるほか、Mac App Storeの場合は「AppStore.com/mac/○○」で表示することができます。

 これまでアプリへのダイレクトリンクは、「itunes.com」や「itunes.apple.com」から始まる長いリンクが用いられていましたが、今回のAppStore.comの運用スタートでよりアクセスしやすくなるでしょう。

 ちなみに、App Storeの商標やAppStore.comは2008年に、SalesForce.comのCEO Mark Benioff氏からAppleの故Steve Jobs氏に譲られたものでした。

 

アプリにどんな名前を付ければいい?

 ここで気になるのが、アプリを作ったときにどんなネーミングにすればよいか、ということ。特に、AppStore.comの短縮URLでは日本語は使えないため、アルファベットの名前も付けなければなりません。

 ごく一般的に、ではありますが、アプリのブランディング、ネーミングにおいて、どんな名前を付けておきたいか、をまとめておきました。

有名アプリとあまり似せないように

ある意味、作戦の1つかも知れませんが…。名前が似ていると、間違って有名サービスとして覚えられてしまったり、検索の時に「もしかして:」とスペルミスを正されるようなことが起きかねません。

 

シンプルに表記と発音ができること

URLを入力してもらったり、アプリ名を書いてもらう時、逆に「なんて読めば良いんだろう?」 という疑問を持たれてしまうと、きちんと表記されなかったり、検索できずに見つけてもらえないことがあります。もちろん他で使われていない名前を指定することが重要ですが、奇をてらった表記は裏目に。

 

11文字以内に

これはiPhoneの仕様ではあるのですが、ホーム画面にアプリが並ぶとき、アプリの下のアプリ名の部分に表示される最大文字数がアルファベット11文字。日本語では6文字。願わくば、この文字数に収まるタイトルにしておきたいところですが、「MSN Messenger」が「Messenger」に、「Facebook Camera」が「Camera」に、「YouTube Capture」が「Capture」にそれぞれ短縮されているので、アイコンとの組み合わせでの表現もありでしょう。

 

名は体を表す

大学時代の表現方法論・佐藤雅彦先生の言葉より。製品にネーミングするときには、それが何を表しているか、読んでみて、あるいは発音してみて理解できると良いと「ルール」を授業で習いました。アプリ名も、厳しい文字数の中で「名は体を表す」ことを目指したいものです。

 

悩みすぎず、舞い降りてきたらリサーチを

名前はアイコンと共に、アプリの顔となります。なかなかいい名前が見つからなかったり、思いつかなかったりする中で、上の4項目を押しつけられてもなかなか困るというものです。チームで話していたり、本を読んでいたり、道を歩いていたりするときにふと思いついたフレーズをEvernoteにいつでもメモしておいて、その名前のアプリがないか、ドメインは取れるか、といったリサーチをしておくと良いでしょう。

  

 おそらく、緻密なブランディング戦略に比べたらカジュアルなルールかも知れませんが、自分がアプリのことを見つけたり、覚えたりしたときに、こうしたルールに沿っているかどうか、試してみると良いかも知れません。

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    『イソジン』などポビドンヨード含有うがい薬、フリマアプリでの転売に注意。医薬品のため違法篠原修司8/4(火) 18:18
  2. 2
    『ポビドンヨードによるうがいは新型コロナを改善させる』は本当か?医師が解説堀向健太8/4(火) 21:32
  3. 3
    記録的ハリケーン「イサイアス」米上陸、首都やNYに最接近へ森さやか8/4(火) 12:45
  4. 4
    カゼの予防には、うがい薬は「使わない」ほうが良いらしいって、知っていました?市川衛2017/1/23(月) 7:30
  5. 5
    米津玄師による日本人初のフォートナイトライブ挑戦が秘める可能性徳力基彦8/1(土) 7:00
  6. 6
    接客業で多くみられる「マウスシールド」その有効性は【#コロナとどう暮らす】石田雅彦7/14(火) 9:30
  7. 7
    YouTuberで食べていくには,最低1万人以上の登録ユーザーが必要だ!しかし、本当に重要なのは…神田敏晶2019/6/21(金) 14:32
  8. 8
    『iPhone 12』発売10月に遅れか。アップルが公式に認める。新型コロナの影響防げず?篠原修司7/31(金) 16:48
  9. 9
    学生が「ぞくぞくした!」驚きのオンライン授業とは -案外おもしろい!試行錯誤のオンライン授業-五十嵐悠紀8/3(月) 13:47
  10. 10
    米国のTikTok規制でMicrosoftに買収されたらどうなるのか?神田敏晶8/3(月) 13:57