米国にも日本にも「オクトーバー・サプライズ」が起きた

フーテン老人世直し録(538)

神無月某日

 10月に入ると何かが起こる。米大統領選投票日1か月前の10月には、驚くようなことが起きて選挙の行方に重大な影響をもたらす。これを「オクトーバー・サプライズ」と言う。

 有名なのは、1980年の大統領選挙で再選を目指す民主党のジミー・カーター大統領に対し、共和党のロナルド・レーガン陣営は、ホメイニ革命で国交断絶状態にあったイランに接近し、レーガン政権が誕生すれば米国製武器を提供すると密約を交わし、代わりに大統領選が終わるまでイランに人質となっている米国大使館員の解放をしないよう働きかけた。

 カーター大統領は選挙に勝利するため10月中に人質を奪還する「オクトーバー・サプライズ」を狙ったが、レーガン陣営はイランと密約してそれを封じ込めた。カーターは11月の投票日までに人質を奪還できず、国民から「弱腰外交」と批判されて選挙に大惨敗した。

 フーテンはその翌年に米国のコメの積出港を取材したが、国交断絶しているはずのイランに米国のコメが輸出されているのを見た。国交断絶しているのになぜ輸出するのか不思議に思ったが、後から裏側を知り国際政治にはこうした謀略が渦巻いていることを知った。国交断絶とか経済封鎖と言ってもその裏に何かがある可能性はあるのだ。

 表で対立を見せるが裏で手を握って双方が利益を得る。それは政治の世界でよくある話である。それを知らない者だけが対立を真に受けて馬鹿を見る。だから米中対立や米朝対立を煽るメディアの報道をフーテンは鵜呑みにする気になれない。

 ところが今年はそれとは異なる「オクトーバー・サプライズ」が起きた。再選を目指すトランプ大統領が新型コロナウイルスに感染して入院してしまったのだ。本人は軽症だと言うが、メディアは最悪の事態を想定して報道する。トランプが執務できなくなった場合や、既に投票が始まっている大統領選挙をどうするかなど、様々な情報が流されている。

 現職大統領が再選を目指す選挙で、投票日の1か月前に入院することなど、これまでの歴史にはなかったことだ。サプライズ中のサプライズと言える。大方はこれでバイデンの優勢が決まったかのように言うが、フーテンはもう少し状況を見ないと分からないと思う。政治はそれほど単純とは思わないからだ。理由は後で述べる。

 もう一つフーテンが注目したのは、日本の「オクトーバー・サプライズ」である。菅総理が日本学術会議の新会員候補6名を拒否したことが10月1日に分かった。6名はいずれも安倍政権の政策を批判した学者と見られるが、拒否した理由を菅政権は明らかにしていない。高支持率でスタートした菅政権が、支持率を落とすようなことをするのはフーテンに言わせれば「サプライズ」である。

 そしてその日の菅総理の行動にも「?」と思わせることがあった。新聞の総理動静によれば、1日の午前11時41分、官邸を出た菅総理は衆議院第一議員会館の安倍前総理の部屋を訪れた。10分ほどの面会で官邸に戻ったが、現職総理が前総理の議員会館の部屋を訪れるのは極めて珍しい。

 表向きは「外国首脳との一連の電話会談内容を報告した」というが、そんな報告をするために現職総理が前総理の議員会館の部屋を訪れるか? フーテンはそれとは違う用件で訪れ、しかも安倍前総理に呼びつけられたと思わせる形にした、と思った。

 会合をする場所には意味がある。呼びつけたのか、呼びつけられたのか、それがはっきりするからだ。総理が官邸で会うのは、総理に仕える官僚、陳情を持ち込む政治家、業界団体の代表や財界人、学者やメディア関係者などだが、総理の許可を得て訪問する形だ。

 一方、総理が官邸ではなく公邸か、外のレストランや料亭などで会うのは、総理の方から会いたいと思い、もてなしたい相手である。菅総理は前任の安倍総理には礼を尽くさなければならない立場である。会うなら公邸か外のレストランなどに一席設けるのが普通だ。ところが議員会館の部屋を訪れたというから驚いた。

 それが日本学術会議の候補6名を拒否した日と重なったことで、フーテンにはあらぬ妄想が湧く。この6名が拒否された理由もそれまでの選考過程も明らかにされていないので、確たる材料はまだないが、フーテンには安倍前総理が自民党総裁選のさなかに発表した異例の「談話」と、この候補拒否とが重なって見える。

 以前から書いているように、安倍前総理の本来のシナリオは岸田文雄氏への「禅譲」だった。東京五輪はそれをするための格好のイベントだった。五輪を終わらせ世界中から注目されている中で、安倍前総理は名誉ある辞任をして岸田氏に「禅譲」する。

 目的はハト派の岸田氏に憲法改正の露払い役をさせ、国民投票を国民に経験させてから自分が再び総理にカムバックし、念願の9条改正に手を付けるのである。しかしコロナがすべてを狂わせた。東京五輪は延期となり、コロナ対応も批判されて、岸田氏への「禅譲」などやれる状況ではなくなった。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」の定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

サービス名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」サンプル記事

田中良紹

価格

月額550円(初月無料)

月3、4回程度

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」10月25日(日)18時~20時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先: maruyamase@securo-japan.com に住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    <朝ドラ「エール」と史実>「人々の再起を願って長調に…」本当は原作者に会わず作曲された「長崎の鐘」辻田真佐憲10/23(金) 8:14
  2. 2
    岡村隆史さんの結婚と風俗発言と予期されていた深刻な女性の貧困問題藤田孝典10/23(金) 5:00
  3. 3
    相次ぐ突然の保育園「閉園」 なぜ行政は止めることができないのか?今野晴貴10/23(金) 12:07
  4. 4
    <朝ドラ「エール」と史実>「鐘の鳴る丘」成功と復活の真相。実際の古関裕而は戦後すぐ活動再開していた?辻田真佐憲10/21(水) 8:15
  5. 5
    朝日新聞の印象操作に惑わされるな!~なぜ菅義偉首相著『政治家の覚悟』の一部は削除されたのか 安積明子10/22(木) 8:00
  6. 6
    コロナ禍で響くジョジョ作者の言葉「自分を信じてマンガを描き続けることが使命」石井志昂10/23(金) 12:00
  7. 7
    Deepfakesで68万人をヌードに変換、ネットで共有平和博10/23(金) 8:11
  8. 8
    スマートフォンとガラケー、非所有者はどのような思いをいだいているのかをさぐる(2020年公開版)不破雷蔵10/23(金) 11:43
  9. 9
    国で検討されている「令和の日本型教育」ってなに? 漂う昭和感と根深い問題(後編)妹尾昌俊10/23(金) 17:06
  10. 10
    <朝ドラ「エール」と史実>藤堂先生は“戦死しなければならなかった”…古関裕而は軍歌をどう総括したか?辻田真佐憲10/16(金) 8:30