米大統領選挙には新しい血が流れ込むと思わせた序盤戦の情勢

フーテン老人世直し録(493)

如月某日

 アイオワとニューハンプシャー両州の民主党予備選挙で俄然注目を集めたのは38歳のピート・ブティジェッジ氏である。保守穏健派の大統領候補として知名度に勝るバイデン前副大統領を抑え、またこの2つの州で勝利を確実視されていた左派のバーニー・サンダース候補をアイオアでは破り、ニューハンプシャーでは僅差の2位につけた。

 人口10万という小さな市の市長を務めた経験だけで、彼は大胆にも大統領選挙に挑戦し、序盤戦に力を集中することで全米に知られる存在になった。父親は地中海のマルタからの移民で、ブティジェッジという珍しい姓はアラビア語に由来する。頭脳明晰でハーバード大学とオックスフォード大学で最優等の成績を収めたという。

 29歳でサウスベント市長となるが、2014年には海軍の軍人としてアフガニスタンの戦争に従軍している。同性愛者であることを公表し、大統領選挙に出馬表明する際に2018年に結婚した夫を紹介し、2人で選挙戦を戦っている。

 米国大統領選挙に於いては、無名の新人がすい星のごとく現れ、それが人気を集めて大統領になるケースが珍しくない。第39代大統領のジミー・カーターはジョージア州知事だったが全米では無名で「ジミー・フー(誰)?」と言われたことが有名だ。

 当時はニクソン大統領の「ウォーターゲート事件」やベトナム戦争の敗戦などで国民の政治不信が高まり、ワシントン政治にまみれていない「ワシントン・アウトサイダー」が国民から好まれた。

 その傾向はその後も続き、42代のビル・クリントンもアーカンソー州という田舎の州知事を務めただけで、湾岸戦争の英雄で名門の出であるブッシュ(父)の再選を阻むことに成功した。

 現在のトランプ大統領も「ワシントン・アウトサイダー」の典型である。ヒラリー・クリントンがファースト・レディと上院議員を務め、ワシントンに深々と根を下ろしていたのに対し、政治と無関係な社会から躍り出て、政治経験ある共和党候補者を攻撃して倒し、最後にはヒラリーにも打ち勝った。

 今年の選挙で本命と言われながらバイデン前副大統領が振るわないのは、ワシントン政治の中心にいた経歴が有権者の心理にマイナスに作用しているのかもしれない。そして1年近くに渡って行われる長期の選挙戦は、政治の世界に「新しい血」をもたらす可能性を増大させるのだ。

 長期の選挙はただ長いから「新しい血」を可能にするわけではない。長い選挙を戦うには金が要る。献金する者を増やしていかなければならない。そして必ず敵陣営からのネガティブキャンペーンがあり、窮地に立たされる。その窮地から脱するタフネスさを有権者は見ている。そしてそれが出来る者に献金する気になる。

 つまり政策とか思想信条だけでなく、有権者は候補者の人間力をあらゆる角度から見極めているのである。だから1年近い選挙期間が必要になる。それが大統領選挙だとフーテンは思っている。

 それと真反対なのが日本の選挙だ。選挙期間が異常に短い。衆議院選挙は12日間、参議院選挙と県知事選が17日間、県議選は9日間、市長選挙と市議選は7日間しかない。もっと言えば米国の選挙は選挙期間など決められていない。投票日が決まっているだけで、いつから選挙運動を始めても良い。しかし日本では期間がまず決められる。その短い期間で政治に「新しい血」を入れるのは相当に難しい。

 しかも世界の選挙は活動のメインが戸別訪問である。そこで候補者は有権者と対話する。ところが日本では禁止だ。選挙運動とは街宣車で走りながら候補者の名前を連呼することだ。河井案里参議院議員の公選法違反事件でウグイス嬢の報酬がやり玉に挙がったが、日本ではウグイス嬢が選挙の主役で、候補者の人間力など誰も興味を持たない。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」の定期購読をお申し込みください。

定期購読キャンペーン実施中!詳しくはこちら

定期購読のお申し込み

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」サンプル記事

田中良紹

価格

月額550円(初月無料)

月3、4回程度

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」2月25日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    消えたシウマイ弁当4000食どこへ?積み込み当日の昼、英国人男性がふ頭で発見 井出留美2/16(日) 14:21
  2. 2
    新型肺炎 中国で医療従事者1700人が感染、6人死亡 それでも礼賛を繰り返すWHO事務局長は変? 木村正人2/15(土) 11:30
  3. 3
    「咳・鼻水で5日休みを」シンガポールの新型肺炎対策から学びたいパンデミック時の休み方・働き方 中野円佳2/16(日) 6:30
  4. 4
    ダイヤモンド・プリンセス感染者285人に 破綻した感染予防 安倍政権に米国民は守れない 木村正人2/16(日) 10:55
  5. 5
    かつては「ネットカフェ」今は「道の駅の駐車場」 Nスペ「車中の人々」が示した”貧困難民”の滞留場所 水島宏明2/16(日) 17:55
  6. 6
    ダイヤモンド・プリンセスに積み込まれた崎陽軒のシウマイ弁当4000食はどこへ? 井出留美2/14(金) 13:55
  7. 7
    「幼稚園」類似施設なのに「保育園」になるしかない。無償化で廃園の危機にある「菅長学園」に残された道 小酒部さやか2/16(日) 14:00
  8. 8
    上空の強い寒気南下で福岡などでは遅い初雪か 饒村曜2/16(日) 9:47
  9. 9
    国民の命を守るため、安倍内閣総辞職を〜新型肺炎危機対応のため超党派で大連立内閣を 郷原信郎2/14(金) 9:31
  10. 10
    エスカレーターの片側立ちの人たちへ!あなたが一歩反対側へ立つだけで日本は変わる! 神田敏晶2/14(金) 14:56