トランプの進軍ラッパと演説原稿を破り捨てたペロシの火花

フーテン老人世直し録(491)

如月某日'''

 日本時間の5日午前11時から行われたトランプ大統領の一般教書演説は、米国民に「偉大なアメリカ」の幻想を振りまき、さながら再選に向けて「進軍ラッパ」を吹き鳴らすような演説だった。

 これに対し民主党のペロシ下院議長は、演説が終わるやトランプの演説原稿を破り捨て、戦いの火ぶたが切られたことを国民の目に焼き付ける行動に出た。大統領の一般教書演説でこれほど党派対立が鮮明になったことはかつてない。

 米国内の分断がますます激しさを増していることを、トランプの一般教書演説は世界中に知らしめた。それはおよそ28年前のソ連崩壊で唯一の超大国となった米国が、世界を一国で支配するため、着々と準備する様子をワシントンで取材していたフーテンにとって、まるで異なる米国である。

 日本でも安倍総理が「暗い時代を自分が終わらせた」と言って未来に幻想を振りまくが、30年前と現在の日本を比べれば、天国から地獄に転落したと言って良いような没落ぶりだ。そして人口減少していく先に光は見えない。米国もトランプが何を言おうと唯一の超大国から転落していくことは確実で、それが国内の分断を強める要因になっている。

 そもそも一般教書演説は、大統領が年の初めに連邦議会下院本会議場で、上下両院議員を前に米国の現状と課題を語り、この1年間何を行うか基本方針を示すものである。それは国民にもテレビ中継されるので、あからさまな党派性は見せないようにするのが通例だった。

 ところが今年の一般教書演説は、冒頭からバチバチと火花が散った。議場に入場した大統領は演壇に登ると、後ろに座る上下両院議長に演説原稿を手渡す。ペロシはそれを受け取る際に握手しようと手を差し出したが、トランプはそれを拒否してペロシとは目も合わせなかった。

 すると議員たちに大統領を紹介するペロシも、通例なら「大統領を紹介する栄誉に浴し」と始めるところを「議員のみなさん、米国大統領です」とだけ言った。するとまた共和党議員たちから「あと4年」の大合唱が出て、異様な雰囲気の中で一般教書演説は始まった。

 トランプの「進軍ラッパ」の第一は経済である。米国経済は自分の政権になってから絶好調で、以前の政権のような衰退は二度とない。恵まれない労働者階級にも恩恵は行き渡り「ブルーカラー・ブーム(労働者の好況)」が来たと「本当か?」と思わせる演説をした。

 そして民主党が力を入れる医療保険制度を「社会主義」とこき下ろし、トランプ政権も医療保険制度改革に力を入れていると、いかにも弱い者の味方を装う。これも「?」と思ったが、とにかくトランプはマイノリティや弱者の味方であることを強調した。

 そこでトランプは、議場に学校に入れなかった女の子や未熟児で生まれた子供を招き、演説で「希望を叶うようにする」と断言し、喜んだり感動する表情をテレビに映させる。フーテンもテレビマンだったので視聴率の取り方は知っているが、トランプのやり方は実にえぐい。田舎芝居で涙を流させるやり方だ。

 父親がアフガンに出兵した家族を紹介し、そこにサプライズで戦地から帰国した父親を登場させる。知らされていなかった家族は思わず涙ぐむ。ラジオパーソナリティのラッシュ・リンボーはリベラル派を攻撃することで有名だが、議場に呼ばれ突然大統領自由勲章という米国で最高位の勲章を贈られた。こちらも驚いて思わず涙ぐむ。

 これらの演出には、岩盤支持層である保守陣営を固めると同時に、知的エリートに反感を持つ庶民、それから黒人の票を民主党から奪おうとする思惑が見えた。そしてトランプは外交でも米国から富を「盗んだ」中国に毅然と対応して富を取り戻し、同盟国にも毅然と負担を負わせて米国の利益を守っていることを強調した。

 また米国に危害を加えるテロリストを2人も殺したと、ISの指導者バグダディとイラン革命防衛隊司令官ソレイマニ暗殺を自慢した。そう言われてみると、オバマがアルカイダのビン・ラディン1人を殺害したのに対抗するには数で上回る必要があり、だから新年早々ソレイマニ暗殺を実行したのかと思わされた。

 そして今年の一般教書の特徴は、北朝鮮に対する言及がまるでなかったことだ。かつては北朝鮮に対する口撃が毎度だったが、今年は代わりに南米ベネズエラのマドゥロ大統領が口撃された。議場にはその政敵であるグアイド暫定大統領が招かれ、議員たちから何度も拍手を受けた。これが何を意味するか。今年のトランプはベネズエラを攻撃するのか。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」の定期購読をお申し込みください。

定期購読キャンペーン実施中!詳しくはこちら

定期購読のお申し込み

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」サンプル記事

田中良紹

価格

月額550円(初月無料)

月3、4回程度

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」2月25日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    新型コロナでひろがる出勤停止  知っておきたい「休業時の生活保障」の知識 今野晴貴2/23(日) 8:22
  2. 2
    「王室という商標は海外では誰でも使える」メーガン・マークルがエリザベス英女王に放った“最後っ屁” 木村正人2/23(日) 12:00
  3. 3
    子育て中の不倫…その先に、人生の選択を問う映画「Red」 なかのかおり2/22(土) 16:02
  4. 4
    マスク不足は解消するか:マスクは今週1億枚を供給、来月には6億枚体制へ=官房長官 碓井真史2/21(金) 16:29
  5. 5
    新型コロナウイルスの経済危機に備えるー宿泊・飲食サービス業従事者の危機を乗り越えるためにー 藤田孝典2/23(日) 18:58
  6. 6
    症状があるのに出勤を求められたらどうする? 多様なコロナ問題と法的「対処法」 今野晴貴2/20(木) 4:11
  7. 7
    韓国新型ウイルス患者急増の温床、新興宗教「新天地」とは:カルト化思考がパンデミックを生む 碓井真史2/22(土) 9:00
  8. 8
    韓国映画『パラサイト』のアカデミー賞受賞にトランプ米大統領がかみついた理由を考えてみた 木村正人2/22(土) 17:18
  9. 9
    高齢者介護施設は新型コロナウイルス感染ハイリスク者の集団生活の場。面会の全面禁止等も検討すべきでは? 宮下公美子2/23(日) 11:00
  10. 10
    就活生がウソまみれでたどる末路~コスパのいい就活2021卒#2 石渡嶺司2/23(日) 14:50