安倍総理とトランプ大統領の賭けは危険度を高めている

フーテン老人世直し録(490)

睦月某日

 前回のブログで、「安倍総理とトランプ大統領は賭けに出た。それは危険な賭けかもしれない」と書いたが、その後の展開を見ると両者とも「賭け」は裏目に出て危険度は高まっているように思う。

 安倍総理の「賭け」は「桜を見る会」の疑惑に対し、官僚が作成した「決して非を認めない答弁」を棒読みすることで国会を乗り切ろうとしたことである。代表質問の段階では質問と答弁が一方通行なのでそれで押し通すことが出来た。

 しかし今週から始まった予算委員会では「決して非を認めない官僚答弁」が「裏目」に出て、安倍総理の総理としての資質や能力に「疑問符」がつけられている。さらに「桜を見る会」の参加者膨張は「森友・加計疑惑」とつながっていることも分かり、安倍政権は後世「森友・加計・桜」政権と記録されるかもしれない。

 一方、フーテンが「日米似た者同士」と見る米国のトランプ大統領も再選を勝ち取るために様々な「賭け」に出ているが、それらが再選を有利にするかと言えばフーテンは相当に危険が伴うと考える。

 前回のブログでは、トランプが中絶反対派の集会に現職大統領として初めて参加し演説したことで、女性有権者を敵に回したことを指摘したが、それ以外にもイスラエル寄りの中東和平案を発表したことで国際社会から指弾される可能性がある。

 そして何より注目されているのは、上院で行われている弾劾裁判で、ボルトン前大統領補佐官が証人として議会に招致されるかどうかだ。共和党は弾劾裁判を2月4日に予定される一般教書演説の前に終わらせ、無罪となったトランプに演説させたいが、民主党はトランプによって解任されたボルトン前補佐官を証人に呼び、裁判を遅らせ、大統領選挙に絡めようとしている。

 共和党から4人の上院議員が賛成すれば、ボルトンは証人に呼ばれる。現在それを巡っての駆け引きが激しい。ボルトンは安全保障政策を巡ってことごとくトランプと反目し解任された。トランプに不利な証言を行う可能性がある。トランプは絶対にそれを阻止したい。

 フーテンは新年早々のイラン革命防衛隊司令官暗殺をボルトン懐柔のためではないかとブログ「トランプ大統領再選戦略としてのイラン司令官暗殺」に書いた。それはこの暗殺をボルトンが絶賛したからだ。しかし一方でボルトンは暴露本を出版しようとし、トランプはそれを差し止めようとしている。後に引けないトランプは次々「賭け」に出ざるを得ない。

 それに比べれば安倍総理の「賭け」は、「官僚答弁の棒読み」をするだけの単純なことだが、まともに答えなければ乗り切れると甘く考えたことが、次から次へと矛盾を生み、「賭け」が自分の首を絞めているのである。

 安倍総理の官僚答弁のポイントは、総理主催の「桜を見る会」は「税金を使った公式行事であるが、基準があいまいだったため、人数が膨張して様々な問題が起きた」と、問題の原因を基準のあいまいさに求める。そして「これから基準を厳格にする」と言って非を認めない。これは官僚が責任逃れをする時の典型的手法である。

 しかし人数が増えたのは第二次安倍政権以降という厳然たる事実がある。基準が曖昧でも歴代総理には節度があった。安倍総理に歴代総理の節度はなく、人数が膨張したのは自分の選挙区の後援会関係者を募集した選挙用のせこい考えがあったからである。

 予算委員会で安倍総理の隣に座る麻生元総理は「自分の後援会を呼んだことはない」と明言した。小泉元総理も「自分は考えもしなかった」と発言しているそうだ。その事実を突きつけられても「賭け」に出た安倍総理は、壊れたレコードのように官僚答弁を棒読みするしかない。

 次に地元の安倍事務所が後援会関係者に参加を募った事実は証拠が山ほどあるのに、名簿のとりまとめは内閣府が行ったとして安倍事務所の関与と責任を認めない。個人情報だからと言って調査もしない。そして内閣府は「名簿は廃棄した」と言って終わりにする。

 「個人情報だから」と言って黒塗りにするのは官僚の常套手段だが、安倍総理は馬鹿にされようが何が何でもそれを言いつのるしかない。すると疑問は内閣府がいつからなぜ廃棄するようになったかに向かう。そこで「森友疑惑」に繋がるのである。

 財務省の公文書改ざんがあり、その反省から公文書保存の基準を作り変える時に、「桜を見る会」の名簿を保存1年未満にし、終わればすぐ廃棄できるようにした。「森友疑惑」で冷や汗をかいた安倍総理は、自分が膨張させてきた「桜を見る会」の名簿が明るみに出ることを恐れたのだろう。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2020年1月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2020年1月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」2月25日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    “桜を見る会”で注目される「ANAホテル」と「ホテルニューオータニ」は何が違うのか? 瀧澤信秋2/19(水) 7:34
  2. 2
    感染症対策といえども医師は休めない? 医療現場の状況  山本健人2/18(火) 17:00
  3. 3
    【現地レポート】人がいなくなった中部国際空港(セントレア)。新型コロナウイルス影響でレストランも閑散 鳥海高太朗2/18(火) 10:27
  4. 4
    シングルファーザーを生きる~PTA問題に切り込んだ思い<前編> 吉田大樹2/19(水) 6:30
  5. 5
    消えたシウマイ弁当4000食どこへ?積み込み当日の昼、英国人男性がふ頭で発見 井出留美2/16(日) 14:21
  6. 6
    パート、アルバイトなど非正規労働者にも有給休暇はあります!勤務日数に応じて取得できます。 藤田孝典2/18(火) 14:44
  7. 7
    官邸記者クラブが菅長官に屈する理由、東京新聞・望月記者いじめ2年半―分断越えるため何が必要か 志葉玲2/18(火) 11:49
  8. 8
    新型コロナウイルス 国内感染者の発症時期を分析 1月からの"見えない流行"顕在化 楊井人文2/17(月) 18:09
  9. 9
    批判殺到の「噛まれたら同性愛感染」映画、問題点は?上映停止を求める声も 松岡宗嗣2/18(火) 6:56
  10. 10
    新型肺炎 中国で医療従事者1700人が感染、6人死亡 それでも礼賛を繰り返すWHO事務局長は変? 木村正人2/15(土) 11:30