往生際の悪い安倍総理の言動と残り2年を切った総理在任期間

フーテン老人世直し録(477)

霜月某日

 総理主催の「桜を見る会」を巡り、火に油を注いできた安倍総理の言動が、今週に入ってさらに進化を遂げた。招待者の推薦に関与してきたことを認め「反省」という言葉を使ったが、その一方で「最終的な取りまとめに関与したことはない」と関与を否定したのである。

 安倍総理は「最終的なとりまとめは内閣府で行っている」と、自分は受け身で内閣府がすべてを行っているような印象を与えるが、内閣府のトップは内閣総理大臣である。内閣府は総理を助けるために存在する。

 安倍総理がそれを言うなら、なぜ安倍政権になってそれまで1万人規模で推移してきた招待者の数が2倍近くに増加したのか、総理の意思でないなら誰の意思で何を理由に内閣府は招待者数を倍増させたのかを追及したくなる。安倍総理が言えば言うだけ火は燃え広がると思う。

 安倍総理は20日の参議院本会議で、「私の事務所が内閣官房からの推薦依頼を受け、幅広く参加希望者を募って来たと承知しており、私も事務所から相談を受ければ、推薦者について意見を言うこともあった」と述べ、内閣官房から安倍事務所が依頼を受け、事務所から相談があれば意見を言うこともあったと自分の役割を極小化した。

 そして8日の参議院予算委員会で「私は主催者としての挨拶や招待者の接遇は行うが、招待者の取りまとめなどには関与していない」と発言したこととの整合性について、「内閣官房や内閣府が行う招待者の最終的なとりまとめには一切関与しておらず、答弁が虚偽だったとの指摘は当たらない」と答弁した。

 当たり前の話だが、1万8千人もいる招待者の一人一人の選定に総理大臣が関わることはありえない。しかし計画の大枠を決めることに関わっていれば、特に総理枠の人数を決めることに関わっていれば、十分に関与していたことになる。8日だけでなく20日の答弁も虚偽の指摘を免れなくなる。

 2016年の「桜を見る会」は、前年のパリ同時多発テロを受けて警備強化を図る必要があった。そのため政府は招待客を減らして経費増加を抑えようとしたが、その年の7月に参議院選挙が予定されていたことから、改選議員に後援会関係者を招待させることになり、参加者数は前年より千人以上、経費も前年より8百万円増え当初予算を大幅に上回った。

 これは誰の意思なのか。内閣官房や内閣府の官僚の意思でそうなったのか。誰よりも選挙勝利を願っている者の意思と考えるのが普通である。当時はアベノミクスが思い通りにいかず、米国の経済学者から批判されていたため、安倍政権は「アベノミクス第二幕」と称して民主党の政策を真似しなければならなくなっていた。

 しかしそれでも安倍総理が全く関与していなかったのだとしたら、内閣官房や内閣府の官僚が政府の方針を覆して招待者数を増やし、予算を大幅に上回る経費増加を図ったことになる。納税者としては内閣府を徹底追及せざるを得ない。

 往生際が悪いと言うか、嘘に嘘を塗り固める姿勢が問題を拡げていく。「森友・加計疑惑」の時は総理を守らなければならない立場の官僚の嘘が問題になった。彼らは総理を守るために嘘を重ねた。しかし今回は総理自身の発言の一つ一つが問題を拡げていく。

 安倍総理はこの問題を8日の参議院予算委員会で追及されると、初めは「知らぬ存ぜぬ」の一点張りで、「個人情報」と「セキュリティ」を口実に答弁を拒んだ。触れられたくないことが一目瞭然だった。一方で官僚は「文書破棄」を明言し、フーテンは「森友疑惑」を思い出した。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2019年11月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2019年11月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」12月17日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

専門家の知識と情報で、あなたの生活が変わる