海外でも国内でも重要なニュースが立て続けに起きている年の瀬

フーテン老人世直し録(412)

極月某日

 このところ海外でも国内でもフーテンを驚かせる動きが相次いでいるため頭の中の焦点が定まらない。

 例えば10月にイスタンブールで起きたカショギ氏暗殺以降、米国のトランプ大統領はかつてなく追い詰められているとブログに書いたが、そのトランプ大統領が12月19日にシリアから米軍は撤退すると発表、それに反対のマティス国防長官が辞任することになった。

 シリアからの米軍撤退はトルコのエルドアン大統領とロシアのプーチン大統領を喜ばせ、ISとの戦争で米国に協力してきたクルド人勢力を見捨てることになる。それは敵対するイスラエルとイランとで言えば、イスラエルに厳しくイランに有利に作用する。

 シリアからの米軍撤退はトランプの選挙公約ではあるが、しかしISとの戦争が終わったとは言えない時点での撤退は、カショギ氏暗殺を巡りトランプがエルドアンと裏取引をしたのではないかとの疑惑を抱かせる。

 カショギ氏暗殺でエルドアンがサウジアラビアのムハンマド皇太子関与をこれ以上追及しない見返りに、トランプはトルコによるクルド攻撃を認めたのではないかと疑われているのである。トランプの決断には共和党からも批判が上がった。

 それはムハンマド皇太子と特別の関係にあるトランプの娘婿クシュナー氏を守るためだと思われ、またクシュナー氏が「ロシア疑惑」にも絡んでいることから、捜査次第ではトランプへの風当たりがさらに強まる可能性がある。

 一方、国際社会との協調を重視してきたマティス長官の辞任は、より一層トランプが主張する「世界の警察官からの完全撤退」に米国をシフトさせ、米国は各国に自前の防衛力を要求、それぞれの国に米国製兵器を買わせて金儲けする路線を採ることになる。

 日本にとっては日米安保体制の見直しにつながる話だ。フランスのマクロン大統領とドイツのメルケル首相が欧州軍創設を主張するように、米国の軍事力に頼らずに独自の軍隊を持つ体制構築が必要になる。

 そうした状況の中で、ロシアのプーチン大統領は20日に恒例の年末会見を行った。そして北方領土を巡る日ロ交渉について、日本に北方領土を引き渡した場合、米軍施設を作らせない権利を日本が持っているのかと疑義を呈した。

 例としてプーチンは沖縄の米軍基地問題を指摘する。「知事が基地拡大に反対しているが何もできない。人々が撤去を求めているのに基地は強化される。皆が反対しているのに計画は進んでいる」と語った。

 これは戦後の日本が抱える本質への鋭い指摘である。しかし沖縄を除くほとんどの日本人がこの本質を知らない。日本は平和憲法を護り、軍隊を持たずに米軍に守って貰うのが一番だと思い、日本に本当の意味での主権がないことを知らない。

 日米安保条約がある以上、米軍は日本の領土のどこにでも基地を作れる。また基地を作らなくとも米軍の艦船はどこの港も自由に使える。そこから出撃することも可能だ。プーチンはその状況を変えない限り日ロ平和条約は結べないと言ったのである。

 俄然フーテンは北方領土交渉に興味がわいてきた。河野外務大臣は一切の質問を受け付けないが、この交渉によって戦後の日本をまともにするチャンスが訪れるのである。すべての日本人はこの交渉を契機に、なぜ日米安保条約が結ばれたのか、誰が安保条約を書いたのか、それがどのような経緯を経て今日に至ったのかを知る必要がある。

 そうすれば、沖縄が置かれた状況や、日本の領土、領海、領空がどうなっているかを日本人は知り、同時にそれがなぜこれまで知らされてこなかったのかも分かるようになる。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2018年12月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2018年12月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」12月17日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    報道ステーションは世耕議員の指摘するような印象操作を行ったのか? 鎮目博道12/11(水) 19:08
  2. 2
    日本の12月におけるケーキへの支出傾向をさぐる(2019年公開版) 不破雷蔵12/10(火) 11:38
  3. 3
    「NHKから国民を守る党」立花孝志さんの微妙な資金集め動画と、広告塔となる堀江貴文さんの蜜月 山本一郎12/10(火) 23:02
  4. 4
    たかがMDMA(ドラッグ)で目くじら立てて… 橘玲12/9(月) 17:00
  5. 5
    未払い賃金はセブン以外も? 自腹購入や休んだら罰金…止まないバイトへの違法行為 今野晴貴12/11(水) 12:01
  6. 6
    「モルヒネ過剰で女性患者が死亡 大阪の病院が投与ミスか」という報道 医療用麻薬の専門家の立場から 大津秀一12/11(水) 13:54
  7. 7
    土佐町が全国学力テストへの意見書、他の自治体も続くべき! 前屋毅12/11(水) 7:22
  8. 8
    「聖グレタ」は子供の姿をした預言者なのか 世界の政治指導者は16歳のスウェーデンの少女にどう答える 木村正人12/10(火) 11:39
  9. 9
    【先生の働き方は変わるのか?】半世紀ぶりの給特法改正を解説(#2:予想される副作用) 妹尾昌俊12/11(水) 20:00
  10. 10
    【ひきこもり8050問題】長男殺害に至った元次官の孤立 なぜ支援を頼れなかったのか 池上正樹12/10(火) 9:30