ゴーン容疑者らの保釈は何を意味するか

フーテン老人世直し録(411)

極月某日

 東京地方裁判所は20日、検察側が求めていたカルロス・ゴーン前日産会長とグレッグ・ケリー前日産代表取締役の拘留延長を却下する決定を下した。2人の容疑者は保釈される可能性が出てきた。

 フーテンはこの特捜部の逮捕について数々の疑問を呈してきたが、その立場から言えば日本の司法は遅ればせながらまともな対応をしたことになる。しかしメディアは「東京地検特捜部の拘留延長請求が認められないのは極めて異例」と報じた。フーテンの考える「まともな対応」が「極めて異例」と報道されるところに日本の司法の問題がある。

 この事件は、ゴーン容疑者らが2010年から15年までの5年間の有価証券報告書に報酬を過小に記載したという金融商品取引法違反容疑で逮捕したものである。有価証券報告書はゴーン容疑者らが記載するのではなく、日産という会社が作成するのであるから、日産自体が罪に問われるべき事件である。

 それが日産からの内部通報で特捜部が動き、司法取引をすることで日産の罪を減じ、ゴーン容疑者らだけを摘発対象にした。そもそもゴーン容疑者らが日産の利益に反することをしたのなら、まずは内部で是正するのが当然である。それを初めから検察の力を借りたところに異常性がある。

 従ってフーテンは日産の大株主であるルノーの筆頭株主がフランス政府であることから、フランスのマクロン大統領が日産をルノーの完全子会社にしてフランスに工場を作らせ、雇用と税収を上げようとした計画を阻止するための事件だと考えた。

 しかし民間企業に過ぎない日産がフランス政府と渡り合える力があるはずはない。そこで経済産業省を中心に日本政府がバックとなり、東京地検特捜部を動かしてゴーン追放とマクロン大統領の計画阻止を狙ったとみていた。

 有価証券報告書の虚偽記載で特捜部が動くというのも異例である。東芝は原発事業から生まれた赤字を株主に隠し、利益があるように見せかけた有価証券報告書を作成して株主を騙してきた。騙した金額は2000億円といわれる。ゴーン容疑者らの虚偽記載とはけた違いの数字だが、東京地検特捜部はピクリとも動いていない。

 なぜなら東芝は原発を手掛ける企業で東京電力と同じ性格を持っている。経済産業省がすべてを取り仕切る安倍政権にとって、守るべき対象だからである。今回のゴーン追放劇はそれとは逆にマクロンの計画阻止を国益と考える安倍政権が背後で支えたと考えれば、特捜部が動いたことも納得できる。

 しかし「日仏戦争」ともいえる自動車の覇権争いを安倍政権の判断だけで決断できるか。フーテンはそれよりも強い権力の存在を感じていた。それは米国が日本の捜査当局を動かして米国の利益を図ろうとしたのではという疑問である。

 米国にとって日本の自動車産業は貿易赤字を生み出す目の敵である。オバマ政権はブレーキの不具合を理由にトヨタを狙い撃ちにし、散々叩いた後になって不具合は嘘だったことを認めた。えげつないことを平気でやる米国は、日産がフランスの支配下に入ることを恐れ、日産を米国の利益のために利用しようとしているのではないか。

 マクロンはドイツのメルケルと並んでトランプには目の敵である。独仏両国は欧州軍を創設して米国からの自立を図ろうとし、さらに両国は中国と良好な関係を築いている。トランプには許し難い存在だ。ゴーンがマクロン計画を承認し、さらに中国市場を重視すれば米国の敵になる。それがこの事件の背景にあるとフーテンは考えた。

 すると12月1日、米国は中国の通信大手である華為技術(ファーウェイ)の副社長をカナダの空港でカナダの捜査当局に逮捕させた。カナダのトルドー首相は直ちに「米国の要請に従っただけでカナダ政府は関与していない」との声明を出した。中国のIT技術が世界を支配することを恐れる米国は、他国の捜査機関を利用して逮捕劇を世界中に見せつけ、中国製品の締め出しを狙ったのである。

 米国は正々堂々と技術競争に勝ち抜くのではなく、情報が盗み出されることを口実に、如何にも犯罪のように思わせているが、米国がいかに他国の情報を盗んでいるかはロシアに亡命した元CIAのスノーデン氏が暴露している。自分を棚に上げて他国を非難するのは米国の昔からのやり口だ。

 そしてカナダの捜査当局に逮捕させたやり方は羽田空港で東京地検特捜部がゴーン氏を逮捕した時のことを思い出させた。逮捕された孟晩舟氏に対しカナダの司法当局は11日後の12月12日に保釈を認めた。今後は身柄を米国に引き渡すかどうかが焦点となる。おそらく政治的な取引がその間に行われると思う。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2018年12月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2018年12月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」12月17日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    「一部の大人が子供を黙らせようとしている。いつまでも学校ストを続けられるわけがない」グレタさんが訴え 木村正人12/7(土) 11:00
  2. 2
    中村哲さんの肖像が尾翼に… アフガン航空会社の画像、反響1万超す 南龍太12/7(土) 7:15
  3. 3
    家庭での浴槽溺水 浴槽の形状と溺れる年齢層の知られざる関係 斎藤秀俊12/6(金) 16:43
  4. 4
    東南海地震から75年 当時と今を比較し、これからの南海トラフ地震を考えてみる 福和伸夫12/7(土) 9:00
  5. 5
    「アナと雪の女王2」でディズニーがTwitterを使い盛大なステマで大失態の件 山本一郎12/6(金) 15:51
  6. 6
    難しい東京の天気予報 最高気温と最低気温がほぼ同じで雪はぎりぎり 饒村曜12/7(土) 5:00
  7. 7
    三菱電機で労災が5件発覚し、うち3件が裁量労働制だったことが問いかけるもの 佐々木亮2018/9/30(日) 21:55
  8. 8
    東名あおり、地裁の「不意打ち」でまさかの一審破棄 今後の展開は? 前田恒彦12/7(土) 8:35
  9. 9
    最大の被害国は日本なのに現実逃避で批判浴びる―一方、若者達は「気候危機」に声を上げた 志葉玲12/6(金) 12:45
  10. 10
    きょう開かれた「朝まで生テレビ!」30周年の集いで語られた発言とは… 篠田博之2017/4/13(木) 18:17