カショギ氏暗殺は百年前に匹敵する世界史の大変化を招くか?

フーテン老人世直し録(399)

神無月某日

 米国に亡命しサウジアラビア政府を批判していたジャマル・カショギ氏が、今月2日にトルコのサウジ総領事館で殺害された事件は、イスラム世界で覇権を争うサウジ、トルコ、イランのパワーバランスを変えるだけでなく、米国、ロシア、中国を巻き込み世界史を大きく変える可能性がある。

 そう思うのはデビット・リーン監督の映画『アラビアのロレンス』を見過ぎたせいかもしれない。主人公の英国将校T・E・ロレンスは第一次世界大戦に従軍し、中東戦線でオスマントルコ帝国と戦うため、アラブの諸部族を糾合し「アラブの反乱」を起こす。映画はアラブの独立を願い裏切られていく悲劇を美しい砂漠の映像と共に描いた傑作だった。

 現在、カショギ氏の殺害情報を巧みにリークしながら、世界のメディアを先導しているのはオスマントルコの末裔であるトルコ共和国のエルドアン大統領である。そして追い詰められているのは「アラブの反乱」で立ち上がった部族の末裔サウジアラビア王国である。

 第一次世界大戦は、それまで世界に君臨した大英帝国を没落させ、代わって米国を世界の主導国家の地位に就けた。またロシア帝国では革命が起こり初の共産主義国家ソ連が誕生した。世界史に大きな構造変化を起こさせ帝国主義の時代を終わらせた第一次世界大戦は今から百年前の1918年11月に休戦した。

 その後、20年ほどで米英ソの連合国と日独伊の枢軸国が再び第二次大戦を戦うことになり、連合国が勝利すると、世界は米国が主導する資本主義陣営とソ連が主導する共産主義陣営の東西二つに分かれた。

 東西冷戦の時代、ソ連に隣接するトルコは「反共の防波堤」として西側陣営に組み込まれ対ソ軍事同盟NATOの一員となる。厳格なイスラム原理主義のサウジは反共の立場から親米国家となり、ペルシア帝国の末裔であるイランも親米政権が支配した。

 しかし国民の支持を失ったイランの親米政権は1979年の「ホメイニ革命」によって倒れ、イランは一転して反米国家となる。またイランは宗派の違いからサウジとも激しく対立する。

 1991年にソ連が崩壊して冷戦が終わると、トルコはNATOの一員でありながらロシアや中国とも軍事協力を行う。また米国から経済制裁を受けたイランもロシアと中国寄りになった。従って米国にとってサウジはイスラエルと同様に極めて重要な同盟国である。

 特にトランプ政権が誕生すると、大統領の娘婿であるクシュナー氏がサウジのムハンマド皇太子と特別に親しく、またユダヤ教徒であることからイスラエルと一層の接近が図られた。その一方で、サウジやイスラエルと敵対するイランには経済制裁の強化、トルコには関税引き上げなど厳しい措置が取られた。

 米国は「ホメイニ革命」以来、イランへの経済制裁を続けてきたが、イスラエルやサウジがイランの核開発疑惑を問題視すると、2006年から国連決議による制裁の強化が図られた。しかしオバマ政権は2015年に米英仏独中露6か国の枠組みで査察強化などを条件に経済制裁解除を合意する。

 ところがトランプ政権は今年5月に6か国合意から離脱、制裁を再開すると共にこの11月からはイラン経済の屋台骨である原油取引も制裁対象にする。イラン産原油が市場から消えればイランは経済の命綱を断たれ世界経済も混乱する。

 一方のトルコでは、エルドアン大統領の政敵が米国に亡命し米政府の保護下にある。エルドアンはその人物を2016年に起きたクーデター未遂事件の首謀者と見て身柄引き渡しを求めているが米国は応じない。するとエルドアンはトルコ在住の米国人牧師を諜報容疑で拘束した。

 拘束されたのはトランプの支持基盤であるキリスト教福音派の牧師である。トランプは今年8月にトルコに対し鉄鋼とアルミの関税を2倍に引き上げた。そのためトルコリラは大暴落、トルコは経済破たん寸前に追い込まれる。そこにカショギ氏の殺害事件が起きたのである。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2018年10月サンプル記事

田中良紹

価格

540(記事6本)

2018年10月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■田中塾のお知らせ」11月27日(火)19時~■場所:東京都千代田区神田神保町2-7芳賀書店ビル5F神保町駅前会議室(地下鉄神保町駅A1出口徒歩1分)■会費:1500円■申し込み先http://bit.ly/129Kwbp

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

知らない世界を「動画」で発見。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ