思い通りの選挙が出来ない安倍政権の暗雲

フーテン老人世直し録(395)

神無月朔日

 激戦と言われた沖縄県知事選挙は、蓋を開けてみれば8万票という大差で故翁長雄志知事の遺志を継いだ玉城デニー氏が勝利した。辺野古新基地建設を強行しようとする安倍政権は致命的な打撃を受けた。自民党総裁選でも見られたが、上から押さえつけようとする「覇道」の政治がここでも敗れたことになる。

 敗戦を聞いて安倍総理は「残念だけどしょうがない」と語ったそうだが、「しょうがない」で済む話ではない。来年の統一地方選挙と参議院選挙を前にこの選挙は何としてでも勝たなければならなかった。敗戦は安倍総理の今後に極めて重くのしかかってくる。

 安倍総理にとって自民党総裁三選を果たすことは党則を変えた時点で難しい話ではなかった。現職総理が総裁選に出馬すれば勝つのは当たり前だからである。普通は現職総理が続投を望めば対立候補は出馬せず無投票で再選される。

 挑戦者が現れて現職総理に挑んだ例は最近二例しかない。1999年に加藤紘一氏と山崎拓氏が小渕恵三総理に挑戦した例と、2003年に小泉純一郎総理に対し亀井静香氏ら4人が挑戦した例である。いずれも現職総理が勝利した。

 勝ち方を見ても小渕総理は議員からも党員からも68%の票を得た。小泉総理は議員票で54%だが党員票では68%の支持を得た。現職の総理は党員の7割近い支持を得るのが普通なのだ。

 ところが安倍総理は議員票で81%だが党員票で55%しか取れなかった。小渕、小泉の両総理に比べ党員に人気のないことが分かる。

 その理由をフーテンは上から力で押さえる「覇道」の政治を見せたからだとブログに書いた。昔の総裁選では「ニッカ、サントリー」などの隠語が飛び交い、金で票を買う「買収」が行われたが、今回注目されたのは石破系議員が閣僚から地方議員に至るまで「圧力」を掛けられた。つまり「脅迫」された。

 選挙で石破氏は「国民のみを畏れる」とか「国民に真実を語る」など国民を優先する「王道」の政治を意図的に主張し、安倍政治の「覇道」を国民に印象づけようとした。それが党員票で45%を得る結果を生んだ。安倍総理は「覇道」によって「一強」でなくなった事実を満天下に晒した。

 なぜ安倍総理がそれほどに「圧勝」を必要としたか。今後の政権運営の難しさを知っているからだ。これまでアベノミクスというニンジン、北方領土返還というニンジン、拉致問題を解決するというニンジンを国民の前にぶら下げ、メディアを使って期待感を持続させたが、その化けの皮がはがれつつあることに気づいているのである。

 自民党総裁選の直後に行われた沖縄県知事選も、三期目政権のスタートとなる選挙なのでどうしても勝つ必要があった。翁長知事の急死から始まった選挙だけに「弔い合戦」となれば自公候補に不利になる。そのためなりふり構わぬ選挙戦術が採用された。

 反基地感情の強い大人より基地に抵抗感のない若者を取り込むことに主眼が置かれ、ネットを使って様々な嘘情報が流された。米国の選挙コンサルタントがよく使うネガティブキャンペーンの手法である。それが反基地候補に不利になるよう仕掛けられたという。

 また来年の消費増税への反発を軽減するために編み出された「携帯料金値下げキャンペーン」をこの選挙で先行させた。今回の沖縄の選挙と携帯料金の値下げがどう関係するのか全く分からぬが、来年の選挙用の目玉商品を沖縄で試したのである。

 菅官房長官や小泉進次郎議員が応援に入り「携帯料金値下げ」を訴えたというが、これほど沖縄県民を馬鹿にした話はない。沖縄の若者たちは無知だから「携帯料金を下げる」と言えば飛びつくと考えたのだろうか。劣等民族に対する上から目線の飴玉配りのようだ。

 沖縄県民を劣等民族と考えているのは米国である。沖縄総領事を務めたケビン・メア氏は2010年に米国の大学生に「沖縄人はゆすりの名人」と講義して問題となった。米国政府は慌てて解任したが、しかし彼は正直に本音を語ったに過ぎない。米国の本音は沖縄県民を無知で怠惰だと思っている。安倍政権は「米国かぶれ」だからそれに近いのだろう。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2018年10月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2018年10月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」2月25日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    新型コロナウイルス:「生物兵器」の陰謀論、政治家やメディアが振りまく 平和博2/25(火) 7:05
  2. 2
    金は最高値 新型肺炎「疾病Xを初適用か」専門家 それでもWHO事務局長はパンデミック宣言見送り 木村正人2/25(火) 7:26
  3. 3
    新型コロナでひろがる出勤停止  知っておきたい「休業時の生活保障」の知識 今野晴貴2/23(日) 8:22
  4. 4
    郵便局の電子マネー対応で切手が安く買える 金券ショップの切手は用済みか 山崎俊輔2/25(火) 12:49
  5. 5
    マスク不足は解消するか:マスクは今週1億枚を供給、来月には6億枚体制へ=官房長官 碓井真史2/21(金) 16:29
  6. 6
    卒業式は中止か参加自粛を~コロナウイルス対策で中止・縮小が相次ぐ(追記あり) 石渡嶺司2/25(火) 18:19
  7. 7
    「王室という商標は海外では誰でも使える」メーガン・マークルがエリザベス英女王に放った“最後っ屁” 木村正人2/23(日) 12:00
  8. 8
    ダイヤモンド・プリンセス米乗客「我々は日本のモルモット」危ぶまれる東京五輪 ロンドンが代替開催名乗り 木村正人2/24(月) 11:30
  9. 9
    なぜ?PCR検査実施の保健所は土日祝の連休に休んでいるのか? 神田敏晶2/24(月) 11:11
  10. 10
    厚労省新型コロナQ&Aの疑問~37.5度の発熱は出社すべきなのか?~ 倉重公太朗2/25(火) 7:00