2017年の安倍政権は「忖度」と「排除」に助けられた

フーテン老人世直し録(346)

極月某日

 2017年の日本政治を象徴する言葉と言えば「忖度」と「排除」につきると思う。「忖度」は安倍総理を直撃した「森友・加計疑惑」において頻繁に使用された。一連の疑惑は最高権力者が身内に有利になるよう「指示」したのではなく官僚が勝手に「忖度」した結果だというのである。

 「忖度」となれば責任の所在は曖昧になり安倍総理にとって致命的な打撃にならない。しかし「忖度」を言うために政府内の資料はことごとく廃棄され、また「総理のご意向」とするメモの存在を認めた前川前文科次官の告発もあって、国民世論は安倍総理を信用しなくなった。内閣支持率は危険水準と言われる3割程度にまで落ち込んだ。

 支持率が落ち込んだ安倍総理は臨時国会でそれ以上の追撃を避けるため、大義名分のない臨時国会冒頭解散に打って出た。その時、小池百合子東京都知事が希望の党を立ち上げ、それに民進党が合流すれば与党過半数割れになることが確実視された。安倍退陣の流れが現実になるかに見え安倍自民党は青ざめた。

 するとどこからか希望の党の「排除リスト」なるものがメディアに流れる。民進党の十数人が希望の党から排除されるというのである。それを質問された小池都知事は「全員を受け入れる気はさらさらない」と言い「排除」の言葉を使った。この「排除」の言葉を一斉にメディアが宣伝する。これで選挙は「保守のリベラル潰し」という構図になり、野党分裂選挙になったことで与党は3分の2の議席を維持することができた。

 2017年に安倍総理の窮地を救ったのは「忖度」と「排除」という二つの言葉である。安倍総理が臨時国会冒頭解散に打って出た時、憲法改正に必要な衆議院で与党3分の2は維持できないことを覚悟したはずである。憲法改正を犠牲にしてでも安倍総理は「森友・加計疑惑」追及を逃れる必要があった。

 それはトランプ大統領の初のアジア歴訪が迫っていたからである。予定通り臨時国会が開かれていれば野党から追及を受ける中でトランプ大統領を迎えなければならない。支持率が低迷したままで迎えることになる。多少議席を減らしても状況を一新する必要があった。

 トランプ政権の初のアジア歴訪にとって最重要の外交舞台は中国の習近平国家主席との会談である。10月18日に開かれた5年に一度の中国共産党大会で習近平体制が基盤を固め2期目のスタートを切った後の11月9日に会談は設定され、それに伴って日本と韓国訪問のスケジュールも決められた。その時に日本の政治が混迷し、安倍総理がレームダックだったり、他の人間に代わっているのはトランプ政権のシナリオにはない。

 メディアは「排除」の言葉に敏感に反応したが、フーテンはそれよりも小池百合子東京都知事が安倍総理打倒を掲げて希望の党を立ち上げたにもかかわらず、出馬をしないという選択の方に疑問を持った。安倍総理の解散宣言と同じ日に希望の党結成を表明し、「政権選択選挙」と銘打ったのは明らかな安倍政権打倒の表明だからである。

 小池百合子氏は第一次安倍政権の時に安倍総理の足を引っ張ったいわば「天敵」の一人である。そのため第二次政権では「イジメ」に遭い、政権の中枢から「排除」され続けてきた。その逆襲劇が自民党東京都連を悪役に仕立てて都知事選挙に打って出た昨年の動きである。

 小池氏は第一次安倍政権で2007年7月に防衛大臣に就任したが、就任するや「防衛省の天皇」と呼ばれた守屋武昌事務次官の交代を求めて安倍政権を揺さぶり、7月末の参議院選挙で自民党が惨敗すると8月の特別国会を欠席して訪米、チェイニー副大統領やライス国務長官と会談して自身を売り込み、帰国後はインド訪問の安倍総理と同時期に別にインドを訪問するという異例の外交を行い、8月末の内閣改造の前に自ら再任を拒否した。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2017年12月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2017年12月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」6月2日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室 東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分 (https://goo.gl/6RvH93 )■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    「10万円が2回振り込まれてラッキー」誤入金された給付金、使ったら犯罪になる?前田恒彦5/28(木) 17:31
  2. 2
    転売キラー? マスク50枚入「お1人様500点限りです」岡田有花5/29(金) 13:47
  3. 3
    おうちでプール 外に泳ぎに行けない家族の新しい生活様式 小さなプールで水遊びの巻斎藤秀俊5/29(金) 10:00
  4. 4
    「あらゆる性暴力の根絶を目指す決議」否決の波紋 区議による二次加害ツイートが発端/豊島区議会小川たまか5/29(金) 13:08
  5. 5
    学生アルバイトにも「休業補償100%」 たった一週間で支払われた舞台裏今野晴貴5/28(木) 15:00
  6. 6
    テラハ木村花さん犠牲を利用、政権批判封殺に最大限の警戒必要―高市総務大臣、三原座長の発言から志葉玲5/29(金) 11:56
  7. 7
    支配人から訴えられた「スーパーホテル」 人気ビジネスホテルの疲弊する現場と悲鳴瀧澤信秋5/29(金) 8:01
  8. 8
    木村花さん事件に強まるソーシャルメディアへの批判と政治の圧力 業界の異例の緊急声明の背景と具体策は古田大輔5/28(木) 7:26
  9. 9
    「使える制度」がようやく実現? 第2次補正予算案の「支援策」を読み解く今野晴貴5/28(木) 12:06
  10. 10
    「日本は成功」海外メディア、新型コロナで手のひら返し猪瀬聖5/24(日) 23:28