自らの非を他人の非にする改造では国民の不信を拭えない

フーテン老人世直し録(318)

葉月某日

 内閣改造に対するマスコミ各社の世論調査が出揃った。最も評価が高かったのは共同通信で支持率が44.4%と8.6ポイント上昇し、不支持率43.2%をわずかに上回った。

 しかしそれ以外に支持が不支持を上回った例はなく、読売や日経など安倍政権に好意的なメディアでも6ポイント、朝日や毎日では12ポイントの差で不支持が支持を上回った。

 要するに内閣改造を見た後、安倍政権に「やめてほしい」と思う国民が「続けてほしい」と思う国民を上回り、1社だけがほぼ互角という結果が出たのである。

 そしてどの調査でも、支持する理由は「ほかの内閣よりよさそう」がダントツの1位で、代わりが見つからないという消極的な理由であるのに対し、不支持の理由の1位は「人柄が信用できない」である。

 つまり安倍総理とその閣僚らが国民に嘘をついて騙そうとしていると思わせたところから支持率は急落し、そのダメージを回復するのに内閣改造を行って安倍総理以外の閣僚を交代させただけでは不信感は解消されないということだ。

 国民の不信を解消するには安倍総理が自身の責任を取って辞任するか、あるいは安倍総理がこれまでの嘘を改めて出直しを図るしかないとフーテンは思う。しかし安倍総理とその周辺は少し耐えしのげば国民は忘れると思っているようだ。

 そこで支持率急落の原因を安倍総理の嘘とは考えず、問題を「安倍総理の驕り」より「自民党全体の驕り」にすり替え、民主党政権から政権を奪い取った初心に戻れば支持率は回復すると考えた。

 「憲法改正」を引っ込めて「安倍らしさ」を薄め、これまでの選挙で散々使った「アベノミクス」のニンジン効果に頼る「経済優先」を前面に出すことにした。しかしこの期に及んで柳の下にどぜうは何匹いるのだろうか。フーテンには「藁をもつかむ話」に思える。

 「アベノミクス」のスタートダッシュは華々しかった。黒田日銀総裁は「2年後に2%の物価上昇を達成しデフレから脱却する」と宣言し異次元の金融緩和を行った。それが海外投資家に好感され株高となって国民を目くらましにする。

 それから4年、2%の物価目標は一向に達成されず、黒田総裁は先月6回目の達成延期を発表し、自分の任期中には目標に到達できないことを明らかにした。もはや誰も日銀の金融政策を信用する気になれない。

 フーテンは4年前から「アベノミクス」は馬の鼻先にぶら下げられたニンジンだと主張してきた。馬はニンジンにつられて走らされるがいつまでたっても食べることは出来ない。それに気づかない馬はエネルギーを消耗させられ倒れて死ぬのである。

 安倍総理とその周辺にとってとにかく馬は走ってさえいれば良い。倒れた先のことなど考えない。ところがそのうちにニンジン効果がおかしいと気づいて「異次元緩和」というニンジンに加え「一億総活躍」という別のニンジンをぶら下げた。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2017年8月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事5本)

2017年8月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」2月25日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    新型コロナでひろがる出勤停止  知っておきたい「休業時の生活保障」の知識 今野晴貴2/23(日) 8:22
  2. 2
    「王室という商標は海外では誰でも使える」メーガン・マークルがエリザベス英女王に放った“最後っ屁” 木村正人2/23(日) 12:00
  3. 3
    子育て中の不倫…その先に、人生の選択を問う映画「Red」 なかのかおり2/22(土) 16:02
  4. 4
    マスク不足は解消するか:マスクは今週1億枚を供給、来月には6億枚体制へ=官房長官 碓井真史2/21(金) 16:29
  5. 5
    新型コロナウイルスの経済危機に備えるー宿泊・飲食サービス業従事者の危機を乗り越えるためにー 藤田孝典2/23(日) 18:58
  6. 6
    症状があるのに出勤を求められたらどうする? 多様なコロナ問題と法的「対処法」 今野晴貴2/20(木) 4:11
  7. 7
    韓国新型ウイルス患者急増の温床、新興宗教「新天地」とは:カルト化思考がパンデミックを生む 碓井真史2/22(土) 9:00
  8. 8
    韓国映画『パラサイト』のアカデミー賞受賞にトランプ米大統領がかみついた理由を考えてみた 木村正人2/22(土) 17:18
  9. 9
    高齢者介護施設は新型コロナウイルス感染ハイリスク者の集団生活の場。面会の全面禁止等も検討すべきでは? 宮下公美子2/23(日) 11:00
  10. 10
    就活生がウソまみれでたどる末路~コスパのいい就活2021卒#2 石渡嶺司2/23(日) 14:50