舛添辞任が大政局になってきた背景に権力の暗闘を感ずる

フーテン老人世直し録(229)

水無月某日

フーテンが「泡のような政治家の泡のような金の話」と書いた舛添要一東京都知事の進退問題が参議院選挙と絡んで大政局の様相を帯びてきた。舛添氏の動きは安倍政権内部の力関係にも影響を与える可能性がある。

安倍政権にとって選挙へのマイナス影響を避けるには、アメとムチを使って舛添氏を辞任に追い込む必要がある。表ではムチを使うが裏ではアメも用意する。一方、舛添氏は解散権をちらつかせながらアメの値段をつり上げる。だから簡単に応じない。しかしぎりぎりになってもし舛添氏が辞任を申し出れば、アメが舛添氏の思い通りになったことを意味する。

しかしこれは裏の話であるから決して表には出てこない。だから政治を見るときに国民は目の前の動きだけで判断するのではなく、過去からの流れを見て、また長いレンジで政治を観察する必要がある。

前にも書いたが舛添氏の公私混同疑惑は驚くような話ではない。他の政治家も多かれ少なかれやっている「よくある話」である。舛添氏は政界の先輩たちを見習って同じことをやったに過ぎない。金額的にはむしろいじましいレベルである。

ただ舛添氏が他の政治家と違うのは、学者であるからやり方を研究し尽くし、他の政治家が後ろめたさを抱きながらやることを、自信をもってやったことである。

かつて竹中平蔵という経済学者が住所を海外において節税していることが暴露された。しかし本人は全く悪びれない。経済学者の中には合法的に税金を払わない手法を研究する人間が少なくなく、彼らにとってはむしろ自慢なのだ。

それと同じで政治学者舛添要一は、政治家になったとたんに政治資金規正法を研究し、何が違法で何が合法かを知ったうえで、政治資金を私的なことに使う手法を磨いてきた。だから悪いとは思っていない。したがって暴露されても頭を下げない。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2016年6月サンプル記事

田中良紹

価格

540(記事7本)

2016年6月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」9月24日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分(案内 → https://goo.gl/6RvH93 )■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ