米国の「調教」と「圧力」が生み出した慰安婦問題の最終合意

フーテン老人世直し録(193)

極月某日

仕事納めの28日、日韓両政府は慰安婦問題の最終解決に合意したと発表した。日韓外相が共同記者会見を行って合意内容を発表し、さらに安倍総理と朴槿恵大統領が電話会談を行い、この合意が日韓の関係改善につながるよう協力する事を確認した。

この日、韓国では元慰安婦の支援団体が「国民を裏切る外交的談合」と批判する声明を出し、最大野党の「共に民主党」も「絶対に受け入れられない」と非難した。日本でも保守派から批判の声が挙がり、「日本のこころを大切にする党」の中山恭子代表は「大いなる失望」を表明、一方保守派の批判を和らげるためか安倍総理夫人がこの日に靖国神社を参拝した事を公表した。

米国ではケリー国務長官が「日韓両政府は慰安婦問題が『最終的かつ不可逆的に解決した』と明言した。合意を歓迎する」と高く評価し、ライス大統領補佐官も「難しい問題を最終的に解決した事を称賛する」との声明を出した。一方、中国は事態を注目するが評価には慎重な構えを見せている。

隣国でありながら首脳会談を出来ずにいた日韓両国が、先月2日の初の首脳会談以降、最大の懸案であった慰安婦問題で急速に進展を見せた背景をフーテンなりに考えてみる。

首脳会談を拒んできたのは朴槿恵大統領である。初の女性大統領として朴槿恵氏は慰安婦問題を最重視する立場にいた。ところが日本の総理は慰安婦問題で謝罪した河野談話を否定する立場の安倍晋三氏である。慰安婦問題で折り合いがつかない限り日韓が協力関係を構築する事は難しかった。

これまでの歴代韓国政権は、スタート時には日本との協力関係を重視するが、政権が終わりに近づくと竹島問題や慰安婦問題を材料に国民の反日感情に訴え、支持率を維持する傾向があると言われる。ところが朴槿恵政権は当初から反日姿勢を強め、それが任期が1年余となった終盤でようやく協力関係に舵を切ったのである。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2015年12月サンプル記事

田中良紹

価格

540(記事6本)

2015年12月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」9月24日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分(案内 → https://goo.gl/6RvH93 )■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ