選挙が怖い自公は軽減税率茶番劇で混乱を狙い消費増税先延ばしを画策する

フーテン老人世直し録(191)

極月某日

軽減税率を巡る自公協議は食料品全般を対象とすることで大筋合意した。自民党税制調査会は公明党と官邸に押し切られ、かつて財務省が主導した「税と社会保障の一体改革」を看板とする自公民の三党合意も否定された。それは社会保障のサービス低下を招く懸念を生じさせている。

民主党は自らの主張を全否定された訳だから、通常国会でそのことを批判する事になるだろう。そこが安倍政権の狙いである。民主党が批判すればするほど、国民の目は「消費税の制度設計」にくぎ付けになる。議論がすったもんだすれば、国民から安保法制強行可決の記憶が薄れていく。

そして安倍政権は選挙直前に消費増税先送りを発表するのである。折しも米国のFRBは今月中に利上げを発表すると見られ、ドルの米国還流が起これば新興国経済は混乱し、世界経済の見通しを不透明にする。消費税の制度設計を巡る議論が混乱し、世界経済の見通しも不透明になれば、それを理由に消費増税を見送る。そうすれば国民は選挙で安倍政権を支持すると考えている。

それはただ選挙に勝つためだけの方策で、日本国家の将来を見据えた政治とは無縁なのだが、来年の選挙が怖くて仕方がない自公政権にとって、それ以外に勝算を確実にする方法はない。軽減税率を巡る今回の自公協議はそのために仕組まれた茶番劇の第一弾だとフーテンは見ている。

今回の自公協議は、そもそも消費税が何のためかの議論から離れ、選挙を意識した政党の党利党略に利用する材料となり、それが国民を目先の利益に誘導し、国を滅ぼす方向に向かわせる。竹下政権が消費税を導入する頃、政治取材の前線にいたフーテンはそのことを痛感する。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2015年12月サンプル記事

田中良紹

価格

540(記事6本)

2015年12月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」9月24日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分(案内 → https://goo.gl/6RvH93 )■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ