田中元総理と「雪国対決」を戦った野坂昭如さんとの思い出

フーテン老人世直し録(190)

極月某日

野坂昭如さんが逝った。安保法制が強行可決された年にまた胸にズシンとくる訃報を聞かされた。フーテンには32年前に雪の新潟で田中角栄元総理を相手に選挙戦を戦った思い出が甦る。世間は野坂さんに「田中金権政治批判」を期待したが、野坂さんはあの時も「飢えた子どもの顔は見たくない」と反戦を訴えていた。

フーテンが野坂さんと知り合ったのはイラストレーターの黒田征太郎さんを介してである。70年代初めの新宿ゴールデン街、喧嘩と議論が渦巻く中で野坂さんは静かに酒を飲んでいた。フーテンはテレビ・ディレクターなりたての若造で、野坂さんや黒田さんから酒の飲み方や男の生き方を吸収しようとしていた。

その野坂さんが雑誌『面白半分』に永井荷風の作とされる「四畳襖の下張」を掲載した事から刑事被告人となる。フーテンは「被告人・野坂昭如」と題するドキュメンタリー番組を作り、判決が下るまでの野坂さんを密着取材した。

野坂さんは原発予定地に指定され村人全員が立ち退いた新潟県刈羽村に行きたいと言い、我々はその廃村で野宿しそこで野坂さんに「終末論」を語ってもらう事にした。暗闇の中でたき火を囲みウイスキーを飲みながらフーテンがインタビューすると、野坂さんは「暗闇を知らない子供たちが増えていくのが怖い」と言った。自然に逆らう人間の生き方に心底危機感を抱いていた。

その後「アドリブ倶楽部」というラグビーチームを作り週に一度上智大学のグラウンドで練習する関係になる。夏に信州で合宿をすると、野坂さんは缶詰やお菓子を大量に持ってきた。思えば「焼け跡闇市派」には「合宿」をする青春時代などなかった。顔には出さないが遠足に行く子供のような喜びを感じているように見えた。

事情があってフーテンは「アドリブ倶楽部」を辞め、その後しばらく顔を合わせる機会はなかった。それが再会したのは1983年、ロッキード事件の一審判決で田中角栄元総理に有罪判決が下った直後である。

野坂さんは二院クラブから参議院選挙に出馬して国会議員になったばかり、フーテンは中曽根内閣の後藤田官房長官を担当する政治記者だった。永田町では全野党が「田中辞職勧告決議案」を国会で議決しようとしていた。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2015年12月サンプル記事

田中良紹

価格

540(記事6本)

2015年12月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」9月24日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分(案内 → https://goo.gl/6RvH93 )■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ