ようやくすべての政党が権力を目指すようになった政権交代第二幕

フーテン老人世直し録(181)

神無月某日

 世界の社会科学者が共同で各国民の価値観を調査する国際プロジェクトがある。その2005年の調査によると、欧米はほとんどの国民が新聞を信用していないのに対し、日本、中国、韓国の三国は多くの国民が新聞を信頼している。なかでも日本がダントツの1位である。

 共産党政権下の中国で新聞の信頼度が高いのは分かる。新聞に国民を統率する使命が課せられているからだ。一方で民主主義の成熟度の高い欧米で新聞の信頼度が低い事情も分かる。彼らは個人の考えが確立し新聞報道を鵜呑みにしたりはしないからである。

 ところが中国と同類なのが日本と韓国で、しかも日本は世界で最も新聞を信ずる国である。この調査結果をどう見るか。昔からの儒教教育の影響があるからか、それとも民主主義の成熟度の低さと見るべきか、フーテンは思案し続けている。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2015年10月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事5本)

2015年10月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」10月25日(日)18時~20時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先: maruyamase@securo-japan.com に住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    極端になっている近年の台風 令和2年の少ない発生と上陸ゼロ饒村曜9/30(水) 5:00
  2. 2
    護衛艦「かが」、「いずも」に続いて空母へ。F35B搭載の改修費231億円を要求。カタパルトは設置せず高橋浩祐9/30(水) 16:34
  3. 3
    菅政権下で戦場記者が絶滅する理由―あの人物が続投、戦後初の暴挙志葉玲9/30(水) 11:48
  4. 4
    杉田水脈議員はなぜ「ネット右翼界」の寵児になったのか?その源流「出版社X人脈」を探る古谷経衡9/30(水) 7:00
  5. 5
    新型コロナ対策で「従業員の私生活」を制限 企業に許されるのはどこまで?【#コロナとどう暮らす】佐々木亮9/29(火) 8:00
  6. 6
    謎の種送り付けに続く、謎の中国語の国際電話、その正体が判明!? 追記:被害発生状況 多田文明9/29(火) 10:00
  7. 7
    天皇陛下と雅子さま、そして佳子さまも… コロナ禍における公務の新たなスタイルつげのり子9/30(水) 10:00
  8. 8
    コロナ禍の運動会も曲がり角 だれのための運動会?妹尾昌俊9/29(火) 16:16
  9. 9
    ワタミがホワイト企業になれなかった理由は? 勝手に勤怠「改ざん」システムも今野晴貴9/30(水) 9:03
  10. 10
    「反対した官僚は異動」は岸田・石破両氏も発言していた 元最高裁判事インタビューに見る政治報道の問題点楊井人文9/30(水) 18:14