自民党300議席超えで何が起きるか

フーテン老人世直し録(120)

極月某日

 今日の朝刊各紙は選挙序盤の情勢として「自民党が300議席を超す勢い」と軒並み報じた。選挙は既に決まったかの印象を国民に与える報道だが、この情勢が投票日まで持続すれば日本の政治に何が起きるかを考えてみる。

 安倍総理が「アベノミクス解散」と命名した選挙で自民党が大勝すればアベノミクスは国民の信任を得た事になる。円安・株高がさらに進み、円安・株高のメリットを享受できる企業や個人にとってはうれしい展開になる。

 しかしそれが自動的に日本経済の向上につながる訳ではない。輸入物価の上昇も加速され、家計は圧迫されることになるから消費は低迷し、物価を上回る賃金の上昇がなければ景気の好循環は生まれない。

 安倍総理は選挙戦の中で、円安・株高の恩恵で収益を増した企業でもすぐには慎重な姿勢を崩せず、非正規労働者の雇用が増えるのは当面やむ負えないと語っている。つまりしばらくの間、国民は痛みに耐えるしかない。消費の低迷は日本経済の足を引っ張る。アメリカはそこを懸念している。

 オバマ大統領は3日ワシントンで講演し、「日本は消費税率の引き上げを先送りし積極的な金融政策を追求しているが、長期的な不況から脱け出せるかどうかは分からず、まだ対処すべき財政赤字も抱えている」と述べて日本経済に懸念を表明した。

 「この道しかない」と言う安倍総理とは異なり、アメリカはアベノミクスの先行きを信用していないのである。しかし選挙でアベノミクスが信任されたとなれば、アメリカはアベノミクスを成功させるため成長戦略を強力に推し進める必要があると言って、TPPの譲歩を安倍政権に強く迫ってくるはずである。

 その要求に安倍政権が抵抗出来るか。それは選挙に勝てば勝つほど難しくなる。逆に与野党の議席数が僅差であればあるほど日本の対米交渉力は強まる。それが戦後の日米交渉を巡る政治力学である事を国民は知るべきである。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2014年12月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事5本)

2014年12月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■オンライン「田中塾」の第一回日時:9月27日(日)午後3時から4時半まで。ご自宅のパソコンかスマホでご覧いただけます。日本と世界の動きを講義し,質問を受け付けます。会員制ですのでhttps://bit.ly/2WUhRggまでお申し込みください。今入会なら会費2回分無料。録画でも視聴できます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。